第73番礼所 出釋迦寺 子どもと四国お遍路88ケ所御朱印巡り お釈迦様の出現が寺名の由来

73番出釋迦寺のアイキャッチ画像 遍路四国88ケ所巡り
スポンサーリンク

88ケ所の順番ばらばらに巡っている、四国お遍路巡り。

子どもと一緒に車での巡礼をしています。

愛媛県今治市にある73番の出釋迦寺(しゅっしゃかじ)に行ってきました。

断崖絶壁が語り継ぐ 大師7歳捨身の決意

出釋迦寺は山号でもある我拝師山(481)の山腹、丸亀平野を臨む高台に位置する。同じ山号の72番曼陀羅寺からは歩いてすぐ。山門から多度津や丸亀の町が一望でき、瀬戸内に架かる瀬戸大橋や讃岐富士(飯野山)も望める。

それでは早速、四国88ケ所巡り、香川県善通寺市第七十三番の出釋迦寺(しゅっしゃかじ)をみていきましょう。

スポンサーリンク

第73番 出釋迦寺 山からのパワーを感じる 車でいってみた

出釋迦寺詳細

73番出釈迦寺の山の景色
宗派真言宗御室派
開基弘法大師
創建奈良後期~平安前期
山号我拝師山
本尊釈迦如来

出釋迦寺 四国霊場第73番礼所。

寺は弘法大師が仏道に入るきっかけとなった伝説の場所に建つ。大師がまだ真魚を呼ばれていた7歳の頃である。

仏門に入り、多くの人を救いたいと願った大師は、当時、倭斬濃山(わしのやま)と呼ばれていた我拝師山に登り、「わが願いが叶うなら釈迦如来よ、姿を現したまえ。もし叶わぬなら一命捨ててこの身を諸仏に捧げる」と、断崖絶壁から身を投じたとされる。

そのとき紫雲が湧き、釈迦如来と天女が現れ、雲の中で大師を抱きとめた。そして大師に「一生成仏」と告げたという。願い叶った大師は後に釈迦如来の姿を刻んで本尊とし安置。堂宇を建立し、出釋迦寺と名付けた。倭斬濃山も我拝師山に改めたと伝わる。

大師が身を投げた断崖は捨身ヶ嶽と呼ばれ、今は出釋迦寺の奥の院となっている。境内から40分ほど登ったところで、さらに進むと大師が身を投じたとされる岩場と絶壁があり、鎖禅定となっている。絶壁の上には石の護摩壇が築かれ、稚児大師像が安置されている。

created by Rinker
¥1,650 (2020/05/27 14:17:57時点 Amazon調べ-詳細)

恒例の73番ポーズ

73番出釈迦寺の人文字
73の人文字

73を表現してみました。

両方とも7に見えますが、73です。

門から見える後ろの高い山が印象的です。

  • 1回目は12箇所、2回目は4箇所のお寺を巡りました。
  • 2回目は84-87番です。
  • 3回目は46-53番です。
  • 4回目は54-59番です。
  • 5回目は79番のみ。
  • 6回目は65.66.72-76番です。

子どもと巡るメリット 出釋迦寺

73番出釈迦寺の手水場
手水場にて
目的

お金の大切さと、挨拶等の練習。

お寺から得るものは多数ある。

恥ずかしがらずに何でもできるように経験させることで、子どもの成長にも役に立つと思ってます。

大きいお子さんであれば歴史の勉強にも役に立ちそうですね。

出釋迦寺での子どもの様子

73番出釈迦寺の鐘楼と子ども
鐘を鳴らす

いつものように鐘を見つけるなりダッシュで向かっていきます。

よっぽど鐘が好きみたいで。

小さい子どもでも大きな音が出る鐘は魅力的なのでしょう。

てきとーる的 出釋迦寺 ベストショット

73番出釈迦寺お寺への道
出釋迦の坂

出釋迦に上っていく坂から見る景色が壮大でした。

急斜面の山の途中に寺あり、寺にまつわる石碑や石像が厳しい道のりであることを物語っているようでした。

桜も咲いており素晴らしい景色。

てきとーる的 出釋迦寺 見どころ案内

73番出釈迦寺の景色
出釋迦寺途中の桜

出釋迦寺は山の中腹にあり、いきなりすごい坂が出迎えてくれますが、ところどころに見どころがあります。

桜もきれいで、かんきつ類の木々もあり、楽しませてくれます。

73番出釈迦寺の干支別守り本尊
干支別守り本尊

お寺の入り口前には干支別守り本尊が出迎えてくれます。

自分の干支の本尊を見つけて楽しむことができます。

子ども達も自分がどれか探していました。

73番出釈迦寺からの街の景色
坂の上からの景色

坂を上がると善通寺市の街並みが見渡せます。

73番出釈迦寺の大師堂
境内

境内には桜が咲いていました。

桜はやはり日本の建物とよく合います。

奥は大師堂です。

73番出釈迦寺の本堂
本堂

お寺はこじんまりとしており、本堂も小さいものでした。

しかし、周辺に高い山がそびえているので、小さいお寺ですが非常にパワーを山から感じる場所でもあります。

73番出釈迦寺の求聞持大師
求聞持大師

求聞持大師の由来

当山は弘法大師7歳の捨身誓願の霊跡であるとともに大師は四国88か所ご開創の砌り再度当地に巡錫、虚空蔵求聞持の法を修行されました。故に当山院号を求聞持院と号します。この求聞持の法とは虚空蔵菩薩のご真言を一百萬遍お唱えする法でそのご修行の御姿が当山求聞持大師です。

※この求聞持の法を修する事によって一切の教法の分義悉く暗記する事が出来るとわれています。故に学業成就又、物忘れの多い方は是非ご利益をいただいてください。

虚空蔵菩薩ご真言
(のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まりぼり そわか)

73番出釈迦寺の鐘楼
奥には新設された場所

奥には新設されたであろう鐘楼と弘法大師。

同じ場所というより少し違う場所なので、新旧の一体感があまり感じられませんでした。

73番出釈迦寺の庭

再び境内にもどってきました。

やはり桜が印象的です。

73番出釈迦寺の捨身ヶ嶽禅定
捨身ヶ嶽禅定

弘法大師空海(幼名真魚)は7歳の時、世を救うという大きな請願をたてました。
そして、讃岐国多度郡(現在の善通寺市)にある五岳(香色山・筆ノ山・我拝師山・仲山・火上山)の中で一番高い我拝師山に登り、三世(前世・現世・来世)の諸仏・十方の菩薩様に念じ
「私は仏法に入って、一切の衆生を済度せんと欲す。私の願いが成就するものならば、お釈迦様よ、姿を現してその証を与え給え。成就せざるものならば一命を捨ててこの身を諸仏に奉げます」
と言って、断崖絶壁の頂より白雲も迷う谷底に身を躍らし飛び降りました。
すると、紫色の雲が湧き起こり、その中に大光明を放って百宝の蓮華に座したお釈迦様が現れ、羽衣を身に纏った天女が降りてきて真魚(弘法大師空海)を抱きとめ
「一生成仏」
とおっしゃいました。

弘法大師空海は、この神秘不可思議なる仏陀の霊光に感謝し、霊験を永久に記念し、世の人々に仏縁を結ばしめんが為に捨身ヶ岳に寺を建立し、ご本尊のお釈迦様を安置しました。

その後、この地は捨身誓願の霊場として多くの善男善女の信仰の中心となったそうじゃ。

73番出釈迦寺の山の景色
高い山

そびえたつ急斜面の山がお寺を見守っているような情景です。

山に奥の院があり、急斜面を昇っていくと捨身誓願の聖地があります。

2回目に訪れた時には是非登ってみたいと思います。

御朱印とお札 第73番礼所出釋迦寺

納経(動画あり) 出釋迦寺

73番出釈迦寺の虹色御朱印
虹色御朱印

納経所の写真を撮り忘れました・・・

虹色御朱印を載せておきます。香川県の七か所詣りとして、七つのお寺でカラフルな御朱印が開始されたそうです。

もはやスタンプラリーになってますね・・・

御朱印動画↓

御朱印 第73番出釈迦寺

御朱印してもらうには納経帳を持参しましょう。

納経帳はネットで買う方が、いろいろあり好みのものを選ぶことができます。

納経帳は必須アイテムです。下記より↓

ネットでお気に入のデザインや限定商品を購入して持参するのがおすすめです。

ネットからの購入は下記より↓

御朱印と御札(御詠歌札) 出釋迦寺

73番出釈迦寺御朱印
出釋迦寺の御朱印

出釋迦寺の御朱印は結構スタイリッシュなイメージ。

斜めに傾いた文字が多く、まとまりもあります。

もう少し洗練されたら素晴らしい御朱印の雰囲気が出そうです。


73番出釈迦寺のお札
出釋迦寺のお札

左は釈迦如来です。

豪華な台座と台座で繊細なご本尊の釈迦如来。

令和元年5月〜令和3年12月末まで右側の御札が授与されます。

右側のには歌が記載されています。

迷いぬる六道衆生すくわんと

尊き山にいづる釈迦寺

まとめ 第73番礼所出釋迦寺

73番出釈迦寺の駐車場
出釋迦寺駐車場

大師が7歳で身を投じたという何とも信じがたい伝説が残る出釋迦寺。

奥の院には絶壁のある我拝師山があり、登山としても楽しむことができます。

しっかりと準備をした上で参拝したいお寺です。

created by Rinker
伊予鉄不動産
¥5,830 (2020/05/27 14:17:58時点 Amazon調べ-詳細)

コメント