第八十一番礼所 白峯寺 子どもと巡る四国お遍路88ケ所 崇徳上皇が眠る

81番白峯寺のアイキャッチ画像 遍路四国88ケ所巡り
スポンサーリンク

てきとーるの四国88ケ所お遍路巡り とは?

旅とキャンプ・車中泊が大好きなアラフォー雑記ブロガーのてきとーるです。

節約しながら旅に関連することを実体験から得て書き続けています。

子どもと共にお遍路巡りを始め、旅(キャンプと車中泊)とお寺巡りを通して子どもに旅の素晴しさを知ってもらうことを目的としています。

88ケ所の順番ばらばらに巡っている、四国お遍路巡り。

子どもと一緒に車での巡礼をしています。

香川県の五色台にある81番の白峯寺(しろみねじ)にいってきました。

五色台には88ケ所のうちの3ケ所のお寺が点在しており、標高の高い場所からの眺めと自然を楽しみながらお寺巡りができます。

五色台は北から黄峰、黒峰、青峰、白峰、赤峰の5峰が連なっています。

それでは早速、四国88ケ所巡り、五色台・白峰にある第八十一番の白峯(しろみねじ)をみていきましょう。

スポンサーリンク

第81番 白峯寺 香川県五色台 車でいってみた

白峯寺詳細

81番白峯寺の本堂への道
白峰寺の道
宗派真言宗御室派
開基弘法大師、智証大師
創建815年(弘仁6)
山号綾松山
本尊千手観世音菩薩
81番白峯寺のマップ
白峰寺の全図

白峯寺の敷地は結構広く、お寺の建物は多いです。

それだけ見どころも多く、時間をかけてじっくりと堪能したいお寺の一つです。

白峯寺の歴史詳細については下記となります。

白峯 四国霊場第82番礼所。

815年に、白峯山に登った弘法大師が嶺に如意宝珠を埋め閼伽井を掘ったという。

860年に智証大師が、瀬戸内に流れ着いた木の放つ光に導かれて山に入る。白髪の老翁が木は補陀洛山から流れたものだと告げた。

智証大師はその霊木で千手観世音菩薩立像を刻み本尊とした。

その後崇徳上皇が讃岐へ配流される。都へ帰るという思いが叶わずこの地に没した。

上皇の死後、都では異変が続き上皇の祟りと恐れた。

その2年後、上皇と親しかった西行が訪ね、歌で怨霊を慰めた。

1191年に、上皇の怒りを鎮め、成仏を願うため法華堂(現在の頓証寺殿)が御陵の東に建てられた。

恒例の81番ポーズ

81番白峯寺の人文字

81を表現してみました。

8と1なので今回は楽に行うことができました。

人も少なかったので良かったです。

下の子はいまいち理解できてないので、毎回やる際に色々教えてあげないとやってくれません・・・

下の子は嫌なのかもしれませんねー。親のエゴですかね。。。

上の子はノリノリなのですが。

子どもと巡るメリット 白峯寺

81番白峯寺の仏足
目的

お金の大切さと、挨拶等の練習。

お寺から得るものは多数ある。

恥ずかしがらずに何でもできるように経験させることで、子どもの成長にも役に立つと思ってます。

大きいお子さんであれば歴史の勉強にも役に立ちそうですね。

白峯寺での子どもの様子

白峯寺はお寺が多いこともあり、結構子どもも楽しめているようでした。

仏足があり、それに乗ったりしてどういう意味なのか聞いてきたりと、楽しんでいました。

81番白峯寺の干支1
干支

他には干支がそれぞれの寺に数か所に分けてまつられているので、自分の干支をなでなでしたりしてました。

それぞれ看板が挙げられていて、案内されているのですが、最後まで到達しても見つからない干支が・・・

81番白峯寺の干支2
干支

と思ったら、最初の納経所の目の前にありました。

まったく気づかず・・・ただの置物だと思って素通りしてました。

何事も見方によっては感じかたも違うんだなーっと思った一瞬でした。

子ども感じてくれていると尚良しですね。

てきとーる的 白峯寺 見どころ案内

81番白峯寺の門
上皇の門

てきとーるが訪れた2か所目のお寺です。

白峯寺は結構大きなお寺の部類なのかと思います。

何も歴史を知らずに巡るよりか、ある程度下調べをしてから望むのがいいと思いました。

上皇が讃岐に配流され、都に戻りたいという気持ちと常に抱いていた。

しかし今の四国と違い、当時は瀬戸大橋なんてありません。

結構辛い想いがあったのでしょう。。。。

81番白峯寺のサイド寺院
上皇のお寺

上皇の気持ちを考えながら、お寺を巡ると自然と拝むときに気持ちが入ってしまいます。

自分のことをお願いするのもいいですが、上皇に安らかに眠ってください等想いを願うのもいいかとも思います。

81番白峯寺のサイド寺の中心
上皇のお寺

子どもに上皇の歴史を話しても今は理解できないかもしれませんが、話すことはいいことだと思います。

お寺がより一層荘厳な雰囲気をまとっているようにも見えてきます。

81番白峯寺の本堂横のお遍路の人々
本堂

本堂は途中で曲がった場所の階段を上がったところにあります。

普通にまっすぐ進むと上皇の寺がメインのように思えますが、本堂は階段上になります。

キレイに整備された場所で、木々もきれいに手入れされています。

81番白峯寺の本堂
白峯寺の看板

白峯寺の看板のお坊さんです。

ちょっと古さを感じますねー。最近は新しいバージョンの看板大きく本堂とか日本語と英語、韓国語で書かれたものが多いです。

81番白峯寺の弁財天
弁財天

途中に弁財天もあり、子どもに頭がよくなりますようにってお願いしてきたらと言っておきました。

弁財天なんてなかなか知る機会もないでしょうから、お寺は色々と学習になります。

てきとーる的 白峯寺 ベストショット

81番白峯寺の招き猫
招き猫

これがベストショットかどうか迷いましたが、いたるところに招き猫が置いてあったので、このお寺のベストショットとしました。

おそらくおみくじが何かの招き猫を参拝者が置いていってるのだと思います。

お寺の方も招き猫を片付けないところがなかなかいいなーと思いました。

番外編 人々の願い

81番白峯寺の御札2

88か所巡りは結構辛い想いを胸に、巡られている方が多いのかなーと思った瞬間でした。

81番白峯寺の御札1

これまた強烈ですが、同じように辛い想いをされている方がおられるようです。

88か所巡りはそれぞれ願い事が多数あるかと思います。

普段初詣なので行く神社ではあまり悪いことが書かれているものは見ることはないですが、88か所巡りともなれば願いも様々です。

納経(動画あり) 白峯寺

81番白峯寺の納経所
納経所

納経所では多くのお守りや納経帳が売られていました。

納経帳には限定のものもあり興味深かったですねー。

納経帳はネットで買う方が、いろいろあり好みのものを選ぶことができます。

納経帳は必須アイテムです。下記より↓

ネットでお気に入のデザインや限定商品を購入して持参するのがおすすめです。

ネットからの購入は下記より↓

納経所内でまつられている仏像等の撮影は禁止されてました。

御朱印は微妙なところでしたが、撮影させてもらいました。

四国88箇所 お遍路 81番 納経

御朱印と御札(御詠歌札) 白峯寺

81番白峯寺の御朱印

書き始めの文字に力強さを感じます。

千という漢字のようですが、非常に特徴があり、パワーを感じますね。

力強い太さと繊細な細い文字とがいい雰囲気を醸し出していますね。

朱印のカスレ具合もまた風情を感じさせてくれます。

崇徳上皇への慰霊を感じさせる、力強さと繊細さを感じる御朱印です。

81番白峯寺の御札2枚

令和元年5月〜令和3年12月末まで右側の御札が授与されます。

左側の千手観音の絵ですが、顔が菩薩っぽくない顔に見えます。

ほっそりとした雰囲気ではなく、人間に近い顔をしているように見えます。

右札の歌は下記↓

霜さむく露しろたえの寺のうち

み名をとなうる法のこえごえ

参考 トイレがおしゃれ

81番白峯寺のトイレ
トイレがおしゃれ

白峯寺の目の前のトイレはかなりキレイでおしゃれです。

非常にありがたいですねー。おしゃれすぎてい心地良すぎです。

参考 車中泊・休息情報

五色台お遍路の案内地図
五色台のへんろみちコース

すぐとなりに綺麗なトイレがある。

ちょっとした仮眠や車中泊にはちょうどいい場所です。

特に夏場は標高が高く少し気温も下がるので最適です。

五色台お遍路のトイレ
綺麗ななトイレ

整備されたばかりのトイレがあり、とてもありがたい設備です。

まとめ  四国88か所巡り 第81番 白峯寺

81番白峯寺のメイン道路

2か所目81番白峯寺、いかがだったでしょうか。

敷地が広く、見どころも多いので子ども達と訪れる場所としてはおすすめのお寺です。

上皇が眠る、慰霊の場所でもありますが、干支が飾られていたり様々な工夫がされているので、暗い雰囲気では一切ありません。

歴史を学びながら、子どもと御朱印巡り。

いい経験になることは間違いないでしょう。

お気に入りの納経帳を持って白峯寺に是非訪れてみてください。

納経帳は必須アイテムです。下記より↓

ネットでお気に入のデザインや限定商品を購入して持参するのがおすすめです。

ネットからの購入は下記より↓

コメント