第59番礼所 国分寺 子どもと四国お遍路88ケ所御朱印巡り 戦火を乗り越えた寺

59番国分寺のアイキャッチ画像 遍路四国88ケ所巡り
スポンサーリンク

88ケ所の順番ばらばらに巡っている、四国お遍路巡り。

子どもと一緒に車での巡礼をしています。

愛媛県今治市にある59番の国分寺(こくぶんじ)に行ってきました。

天平時代に聖武天皇の勅願で諸国に置かれた国分寺は、官道沿いの国府近くの一等地に建てられた。当時の伊予の国府は越智郡と呼ばれた今治にあり、都からの官道(南海道)が、淡路、阿波、讃岐と抜け、ここまで伸びていた。

国府の場所は比定されていないが、国分寺近くにあったと考えられる。ちなみに松山にある道後は官道の後ろという意味になる。

それでは早速、四国88ケ所巡り、愛媛県今治市第五十九番の国分寺(こくぶんじ)をみていきましょう。

スポンサーリンク

第59番 国分寺 無駄に駐車料金200円 車でいってみた

国分寺詳細

59番国分寺の景色
国分寺
宗派真言律宗
開基行基
創建741年(天平13)
山号金光山
本尊薬師瑠璃光如来

国分寺 四国霊場第59番礼所。

伊予の国分寺は、741年(天平13)に行基が本尊の薬師如来像をつくり開創したとされる。七堂伽藍を備えた大寺院で、現在の場所から東へ150メートルほど行ったところにあった。東塔跡と見られる場所には13個の巨大礎石が残り、そこから塔の高さが60メートルほどあったと推定されている。

第3世住職の智法立師のときに弘法大師が逗留し、五大尊明王の絵を納め霊場にした。大師10大弟子の一人である真如も2年ほど留まり、『法華経』の一部を書写し納めている。真如は嵯峨天皇の皇太子で、862年(貞観4)に入唐し、その後、天竺に向かう途中没している。

寺は藤原純友の乱(939)や源平の戦火(1184)に遭い、南北朝時代には讃岐の細川頼之の侵入(1364)を受け、天正の兵火でも堂塔を焼失している。しばらく荒廃したままとなり本格的に復興されたのは江戸後期である。場所も移り、第43世住職の恵光上人のときに現在の本堂が再建(1789)された。寺には住時を偲ぶ古瓦や『国分寺文書』なども伝わる。

59番国分寺の駐車場料金
有料駐車場

愛媛県今治市のお寺はなぜここまでして、駐車場料金を徴収するのでしょうか。

街中で駐車場確保にこまるくらいの場所であれば理解できますが、どう考えても何もない場所です。

街中程駐車場は無料で、田舎に限って駐車場料金を取るのは意味不明です。

恒例の59番ポーズ

59番国分寺の人文字
59の人文字

59を表現してみました。

国分寺には山門がありません。

59番の文字の記載がある場所で、59の人文字をしておきました。

  • 1回目は12箇所、2回目は4箇所のお寺を巡りました。
  • 2回目は84-87番です。
  • 3回目は46-53番です。
  • 4回目は54-59番です。

子どもと巡るメリット 国分寺

59番国分寺の道と子ども達
階段で遊ぶ
目的

お金の大切さと、挨拶等の練習。

お寺から得るものは多数ある。

恥ずかしがらずに何でもできるように経験させることで、子どもの成長にも役に立つと思ってます。

大きいお子さんであれば歴史の勉強にも役に立ちそうですね。

国分寺での子どもの様子

国分寺ではあまり寒すぎたため、子供は途中で車に待機してました。

てきとーる一人でお寺の参拝となりました。

てきとーる的 国分寺 ベストショット

59番国分寺の薬師のつぼ
つぼと大師

59番国分寺のメインといえばこれ、薬師のつぼと握手修行大師でしょう。

願いを叶えてくれるシリーズが多いのが特徴です。

歴史あるものというより、ここ最近のもので、寺の知名度を上げるために設置されたものな気がします。

てきとーる的 国分寺 見どころ案内

59番国分寺に行く道
参拝する人々

1月という真冬真っ只中ですが、参拝者も多かったです。

暖かい季節だと木々や花々もありよりきれいだとは思いますが、冬は仕方ないですね。

ただ、何もない季節だからこそ見える景色もあります。

59番国分寺の外側の景色
境内への入り口

階段を上がると本堂へと続く階段があります。

整備されており、きれいな景色です。

何度も焼失した国分寺なので、見た目は現代のものが多いです。

59番国分寺の薬師のつぼアップ画像
薬師のつぼ

薬師のつぼ

体の健康を念じつつ御真言に触れながら一慶お唱えください。

自分の体の悪いところの場所とつぼの文字を手で触りながら、御真言を唱えると叶う。

てきとーるは昔から左耳が若干聞こえにくいので、触りながら唱えました。

59番国分寺の弘法大師の握手像
握手大師

握手修行大師

お大師様と握手をして願い事を一つだけ

あれもこれもはいけませんお大師様も忙しいですから

てきとーるも冷たい大師様の手を握りながらお願いごとをしました。

一つだけ。

59番国分寺の大師堂
大師堂

あまり古さ感じさせない大師堂です。小坊主くんが案内してくれます。

59番国分寺の本堂
本堂

本堂にも小坊主くんが案内しています。

お寺より小坊主くんの方が古さを感じさせてくれます。

59番国分寺の手水場
手水場

手水場にも薬師のつぼがありました。

完全に最近作ったものであろう新しいものです。

人を呼び込むためにもお寺もいろいろ工夫をするのでしょう。

59番国分寺の7体の地蔵
七福神

七福神がなんともいえない癒やしの顔をしており、かわいらしい顔をしています。

スポンサーリンク

御朱印とお札 第59番礼所国分寺

納経(動画あり) 国分寺

59番国分寺の門
納経所隣

国分寺では御朱印の撮影は不可能でした。

納経所で駐車料金の徴収があります。

箱があるのでその中に200円を入れる スタイルです。

御朱印してもらうには納経帳を持参しましょう。

納経帳はネットで買う方が、いろいろあり好みのものを選ぶことができます。

納経帳は必須アイテムです。下記より↓

ネットでお気に入のデザインや限定商品を購入して持参するのがおすすめです。

ネットからの購入は下記より↓鬼滅の刃の御朱印帳もあります。

created by Rinker
ムービック(movic)
¥5,598 (2020/07/10 17:53:58時点 Amazon調べ-詳細)

御朱印と御札(御詠歌札) 国分寺

59番国分寺の御朱印
国分寺御朱印

国分寺の御朱印です。

パワーを感じますねー、中心部に力を集中する感じで、統一感を感じる御朱印です。

てきとーるは結構好きな御朱印です。


59番国分寺のお札
国分寺のお札

左は薬師瑠璃光如来です。

半分以上が台座という豪華な仕様ですが、本尊はシンプルです。

令和元年5月〜令和3年12月末まで右側の御札が授与されます。

右側のには歌が記載されています。

守護のためたててあがむる国分寺

いよいよめぐむ薬師なりけり

まとめ 第59番礼所国分寺

59番国分寺の小さい地蔵さん
ぽつんと座る地蔵

四国88箇所第59番国分寺いかがだったでしょうか。

国分寺は新しいお寺で、歴史を感じさせる建物等はありませんが、現代っぽさで人を呼び込む努力が感じられるお寺でした。

駐車料金を徴収するのはどうかと思いますが、今治市のお寺は徴収する場所が多いので、そういうものだと思うしかないですね。

愛媛 伊予の国 菩提の道場

第40番 観自在寺
第41番 龍光寺
第42番 佛木寺
第43番 明石寺
第44番 大寶寺
第45番 岩屋寺
第46番 浄瑠璃寺
第47番 八坂寺
第48番 西林寺
第49番 浄土寺
第50番 繁多寺
第51番 石手寺
第52番 太山寺
第53番 圓明寺
第54番 延命寺
第55番 南光坊
第56番 泰山寺
第57番 栄福寺
第58番 仙遊寺
第59番 国分寺
第60番 横峰寺
第61番 香園寺
第62番 宝寿寺
第63番 吉祥寺
第64番 前神寺
第65番 三角寺

コメント