車に関すること

ホンダモトコンポをレストアその⑥ キャブレター周辺清掃 ホース交換 無駄なことして出費は増やさない

ホンダのモトコンポレストア第6段。今回はキャブレター内部の分解清掃と、ホースの交換を行いました。やり方と必要な工具とパーツを紹介。キャブレターが原因でエンジン不動につながるので、エンジン不動の場合はキャブレター内部の清掃をするのがおすすめです。

ホンダモトコンポをレストアその⑤ オイルタンクホース交換 オイルストレイナージョイントは劣化で簡単にちぎれる

ホンダのモトコンポレストア第5段。オイルタンクホースの交換を紹介します。ガソリンタンクと同時に行うのが効率がよく、外したついでにゴム類はすべて交換するのがベストです。ゴム類は安く交換も簡単なのでおすすめのDIY作業です。

ホンダモトコンポをレストアその④ ガソリンタンクホース一新 古いホースは取り替えるべし

モトコンポのレストア第4段。ガソリンタンクのホースを一新しました。ガソリンタンクを外さないとなかなかできませんが、ばらした際には確実にやっておいた方が良い作業。ホースは安価なので簡単に行うことができます。おすすめのDIY作業。

ホンダモトコンポをレストアその③フレームにステアリングボールレースを取り付け メンテ&改善

バラバラのパーツで譲り受けたモトコンポをレストアしています。紹介記事第3段、今回はフレームのステアリングボールレースを取り付けを行いました。26個のボール計52個を取り付けていく工程です。古いグリースが固着しているので、磨いて新しいグリースをたっぷり塗りましょう。

ホンダモトコンポをレストアその② 数十年の油汚れと錆をとにかく研磨して塗装する まずは普通に触れる環境作り

バラバラのパーツで譲り受けたモトコンポをレストアしています。紹介記事第2段、今回はパーツの研磨と塗装を紹介。油まみれ、錆状態では作業がやりにくいのと、やる気も下がります。パーツを最低限使える状態にしておけば、やる気もアップします。下準備は重要です。

ホンダモトコンポをレストアその① 分解状態から元に戻す パーツチェックして作業工程を検証する

40年前のホンダモトコンポを手に入れたので、レストアすることにしました。ただ、現状すべてのパーツがバラバラの状態で、元に戻せるかは微妙。モトコンポの歴史を振り返りながら、現状のパーツを把握して今後のレストア方針を決めていきます。

ハイエース5型ディーゼル 3年目車検 毎年車検は面倒で高額?ユーザー車検なら格安で時間も節約可能 毎年車検は自分でやるべし

ハイエースの3年目車検を受けてきました。車検総費用は26000円程度と格安で可能。4ナンバーの貨物登録だと初回車検以降毎年車検が必要ですが、ユーザー車検なら費用を安く抑えることができます。必要なもの、事前チェック、やり方を徹底解説しています。

いすゞ117クーペ 燃料タンク緩み解消 キャップのゴムをDIYで修理改善 旧車レストア

117クーペのガソリンキャップが緩くなっていたので、対策することに。1㎜のゴムシートをカットするだけで簡単解決。新品を買うと在庫も分からないし、お金も結構かかることが予想されます。ハサミとゴムシートで簡単に作ることができるのでおすすめのDIYです。

いすゞ117クーペ スタビライザーブッシュ交換 簡単にできるけど調整狂う?

いすゞ117クーペのスタビライザーブッシュ交換をDIYしてみました。かなり弱い部分でブッシュに負担がかかります。元のパーツと純正パーツが異なっていた為、代替品だったのでしょう。純正パーツの方が薄っぺらくて不安感があります。交換方法を紹介します。

ラパンHE22Sバッテリー交換方法 時計時刻セットとキーレスの再設定 初期化が必要

ラパンのバッテリーをDIY交換してみました。5年を目処に交換がベスト。交換後は時計にの時刻合わせとキーレスの再設定が必要です。キーレスは再設定が特殊なので、やり方を参照してください。DIYで交換すれば節約にもなり短時間で済ませることができます。