アウトドア感アップでカッコいい バンパーガードをDIY取り付け ハイエース5型ディーゼル TDR調で十分満足

ハイエースバンパーガードDIY取り付けアイキャッチ画像
スポンサーリンク
てきとーる
てきとーる

ハイエースのフロントバンパーをぶつけられてパックリとバンパーが割れました。

相手がバックしてきてぶつかったのですが、10:0に持ち込むのが難しい状況で、解決までに時間が・・・

迷っていても仕方がないので、とりあえずバンパーの割れを隠すためにバンパーガードを取り付けることに。

今回取り付けることにしたのは、TRD風のバンパーガード。

これ↓

ハイエースバンパーガードDIY取り付け30
バンパー

TRDとナンバープレート部分にあるこのバンパーです。

が、このTRDのバンパー、価格約10万

さすがに10万もするバンパーガードをつけれる余裕もなく、事故修理もどうなるか不明なので、買えません。

しかし、そこはハイエース、TRDバンパーが高すぎると思っている方が多いのでしょう。

良い業者がTRD風バンパーを出しています。

これ↓

てきとーる
てきとーる

なんと価格10分の1、1万円以下で購入できる。

1万円とは思えないクオリティーです。

ただ、問題点として、取り付けにはバンパーの穴あけ加工が必要。

そう、もとには戻せないので、ずっと使う覚悟がないと難しい。

筆者てきとーるの場合だと、すでにバンパーがボロボロの状態なので、隠す目的として使うので、バンパー加工はまったく問題なし。

躊躇なく穴を開けて取り付けを行いました。

てきとーる
てきとーる

ハイエースとの付き合いも4年になり、アウトドアテイストを重視しているので、最近は汚なくても傷があっても気にならないです。

車はこころに余裕を持って所有するほうが楽です。

というわけで、早速TRD風バンパーの取り付けをDIYしていきましょう。

スポンサーリンク

TRD風フロントバンパーを素人DIYで取り付ける

ハイエースバンパーガードDIY取り付け1
ハイエース

さて、まずはバンパーを外さないといけません。

バンパーの外し方は以前紹介しているので参照してみてください↓
(ポジションランプ交換時のフロントバンパー外し)

ハイエースバンパーガードDIY取り付け4

フロントバンパーの上部を外したら、助手席側のヘッドライトも外します。

ここではネジを外すだけで、まだヘッドライトはずらしません。

ハイエースバンパーガードDIY取り付け5
バンパー

バンパー下部を外す為、左右両方のフットプレートを外します。

フットプレートの外し方詳細は下記記事↓

上と下にピンが付いているので、マイナスドライバー等でこじって外します。

ハイエースバンパーガードDIY取り付け7
ピン

フロントバンパー下部には左右一番端っこにもピンがあるので、フットプレートのついでに1つピンを外しておきます。

ハイエースバンパーガードDIY取り付け10
フットプレート

フットプレートを外す際やってしまいました。

DIYあるあるですが、ピンを折ってしまったので、接着剤で気休め程度に接着しておきます。

ハイエースバンパーガードDIY取り付け12
外す

左右両方とも引っ張るとバンパーが外れていきます。

ハイエースバンパーガードDIY取り付け15
下部

潜って下からピン3本を外します。

潜るほどでもないですが、簡単に外せます。

ハイエースバンパーガードDIY取り付け19
フロント

フロントバンパー下部は最後に10㎜ナット3本を外せば、簡単に外れます。

ハイエースバンパーガードDIY取り付け22
外したあと

バンパーが全て外れました。

助手席側に配線を通して、アース接続もしないといけないので、助手席側のヘッドライトのみずらします。

ハイエースバンパーガードDIY取り付け26
ピン

ピンで止まっているので、引っ張って外します。

結構力がいる感じです。

ハイエースバンパーガードDIY取り付け6
ウォッシャータンク

ウォッシャータンクもナット2本を外してずらせるようにしておきます。

ハイエースバンパーガードDIY取り付け9
バンパー割れ

バンパーにガードを取り付けていきます。

ぱっくりと割れた部分が埋まってくれそうだったので、TRD風バンパーを選びました。

ハイエースバンパーガードDIY取り付け11
配線

まずはウォッシャータンクの向かって左側のモーターのピンを外して、配線を割り込ませます。

ピンの形が異なるので簡単に割り込ますことができます。

片側だけなので、ウォッシャータンクのモーター両方のピンは外さないようにしましょう。

てきとーる
てきとーる

筆者てきとーるは両方外して、配線をどうやってつけるんだ?って5分程悩みました。

両方外して割り込ませるって、そんなわけないだろって・・・あとで気付きました。

ハイエースバンパーガードDIY取り付け13
配線

配線をヘッドライト裏側から通していきます。

この配線が新しいバンパーガードのデイライトと接続されます。

ハイエースバンパーガードDIY取り付け14
ヘッドライト

ヘッドライトを外してアース線を接続します。

ヘッドライトを外さないとかなり厳しいので、外した方が絶対にいいです。

ハイエースバンパーガードDIY取り付け16
アース線

アース線を接続しました。

ついでに配線をイイ感じに束ねておきます。

ハイエースバンパーガードDIY取り付け17
適当

イイ感じというより、適当です・・・

ハイエースバンパーガードDIY取り付け18
バンパー加工

バンパーにリベッターで金具を固定します。

これ付けておいてくれればいいのですが、このためにわざわざリベッターを買いました。

まー、安いので持っていて損はないでしょう。

ハイエースバンパーガードDIY取り付け20
穴あけ

そして、バンパーに配線を通す為穴をあけます。

たぶんですが、ここに穴をあけなくてもなんとかすれば配線は隠して通せそうな気がします。

筆者てきとーるはバンパーがどうなってもいいので、思いっきり穴をあけました。

ハイエースバンパーガードDIY取り付け21
ナンバープレート

元のバンパーについている、ナンバープレートを固定する金具を新しいバンパーに移植します。

マイナスドライバーかペンチでこじってやれば簡単に外れます。

両面テープを新しいバンパーに説明書に従い貼っておきます。

左右だけでナンバープレート付近の上部には貼らない方がいいようです。

バンパーが浮くのだとか。レビューに書いてあったので参考までに。

ハイエースバンパーガードDIY取り付け24
バンパー

元のバンパーに重ね合わせて、ビスで固定します。

下穴を開けてからビスを打つ方が簡単です。

バンパーを合わせる際には両面テープを施工しておきましょう。

ハイエースバンパーガードDIY取り付け25
ビス

左右2か所、計4か所にビスで元のバンパーに固定します。

もう元のバンパーには戻せません。

穴だらけですね・・・

ハイエースバンパーガードDIY取り付け23
固定

両方固定しました。

ハイエースバンパーガードDIY取り付け27
取り付け

あとは元の手順で戻すだけです。

結構いい感じなのではないでしょうか。

ハイエースバンパーガードDIY取り付け28
バンパー

無いよりあったほうが断然アウトドア感がでますねー。

ハイエースバンパーガードDIY取り付け29
完成

これが1万円以下とは信じられません。

デイライトが点灯するので、さらに満足度高い。

これは最高です、かなりおすすめできるカスタムではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ 1万円以下で満足できる最高のカスタム

最初は隠す目的だったのですが、これは本当につけて良かったです。

結構好みで、アウトドアな感じがたまりません。

そしてデイライト機能もあるのが最高。

車検対応なのかは不明ですが、フォグと同時に点灯させるNGかもしれません。

次回車検までに、スイッチで消せるように対応を検討したいと思います。

コメント