アウトドアで何かと便利 ラチェットベルトは必須 キャンプやバイク自転車の車載に使える

ラチェットベルトのアイキャッチ画像 LIFE(Gadget/Goods)
スポンサーリンク
てきとーる
てきとーる

ハイエースにヒッチカーゴをつけて積載量を増やす計画を実行。

ヒッチカーゴは荷物を載せるだけでは不安定で、荷物をしっかりと固定することが必須です。

今回は荷物を固定するベルトを紹介します。

この記事の内容
  • ラチェットベルトの紹介
  • 長さの調整方法
  • 使い方
  • まとめ

アウトドアしてると、車に積むにもつがどんどん増えるし、増えると場所も狭くなります。

さらに・・・

てきとーる
てきとーる

筆者てきとーるは車中泊もするので、なるべく車内に荷物を積みたくない。

そして、汚れや濡れたりする荷物は余計に車内に積みたくないのです。

ハイエースにヒッチメンバーを付けて、ヒッチカーゴを取り付けました。

紹介記事↓

素人DIYでも取り付け可能なヒッチメンバーで、ハイエースの魅力がさらに向上します。

カーゴの上に、荷物も、自転車も、バイクも積むことができます。

しかし、積むには固定が必須になります。

今回は簡単に荷物を固定できる、ラッシングベルトを紹介。

てきとーる
てきとーる

簡単便利でお手軽に荷物固定ができます。

それでは早速みていきましょう。

スポンサーリンク

ラッシングベルトの紹介

ラチェットベルトの紹介画像2
特徴
  • 全長 4.5m
  • ベルト幅 2.5㎝
  • 耐荷重 700㎏

普通に荷物を積載する場合や、自転車やバイクを積載して固定するには十分なスペック。

もちろん大型荷物や、機械をトラックに固定するものではなく、あくまで素人が使うものです。

ラチェットベルトの紹介画像1
積載

長さも十分で、耐荷重700㎏と余裕。

素人使用にはもってこい。

ラチェットベルトの紹介画像3
ラチェット

最大のポイントはラチェット式でしょう。

力を入れて縛る必要もなく、簡単に強く締めることができます。

手の力だけではうまく締め上げることができません。

ラチェットベルトの本体4本
4個入り

実際の商品は4個入りで、いろんなシーンに使えるので便利。

1個だと足りないことも多く、4個セットなら十分でしょう。

価格も2000円前後と、かなりお買い得です。

スポンサーリンク

使う前の長さ調整

ラチェットベルトの詳細画像
アイテム

さて、このラッシングベルト、長さは4,5mあり、使うにしては十分な長さ。

しかし、ヒッチカーゴに固定するには、ちょっと長すぎます。

さすがに4,5mで荷物を固定すると、余る部分が多く、収めるのに困ります。

ラチェットベルトの長さ調整
半分

そこで半分にカットして使うことに。

半分でも2mあるので、ヒッチカーゴに荷物を固定するには十分。

ラチェットベルトのをカットして半分に
カット

というわけで、半分にカットしました。

ラチェットベルトの先端加工
カット部分

これだと毛羽立っており、ひもを通すときに煩わしいのと、見た目もいまいちです。

そこで、炎であぶることに。

ラチェットベルトの先端を焼く
トーチ

ガストーチで軽くあぶることで、先端がうまくまとまってくれます。

created by Rinker
ソト(SOTO)
¥2,310 (2021/09/24 04:08:39時点 Amazon調べ-詳細)
ラチェットベルトが解ける
あぶった後

透明になり、うまくまとまってくれました。

冷却後は固くなり、ばらばらになることはありません。

ラチェットベルトのベルト加工
キレイ

きれいにまとまるので、カット後も普通に使えます。

長さが長いと、何かと使いにくいので、自分にあった長さに調整するとかなり便利になります。

4本セットだと長さを変えても、余裕があるので、1本から初めてみると良さそうです。

実際に固定してみた

ラッシングベルトを使って荷物固定

荷物を固定してみました。

縦方向と横方向両方に固定してます。

ラチェットなのでかなりの力がかかるので、ほどほどにしておかないと、ものすごい力で容器等プラスチックだと変形します。

徐々に締めて、強さを確認しましょう。

走行してもまったくずれない

色々移動しましたが、荷物が落下することも、ベルトがゆるむこともなく、快適に移動。

長さは2mですが、縦方向だともっと短くてもいいかなーという印象。

ただ、あまったベルトを他の荷物に通して固定しておくのにも使えます。

使い勝手は抜群、買って正解でした。

まとめ キャンプやアウトドアには必須 ラッシングベルト

ラチェットベルトとトーチバーナ
ライター

自転車や荷物を車に積載する場合には、やはり固定しておくと安心です。

荷物が動くことで、社内や荷物に傷がつく原因にもなります。

万が一事故があった場合には、荷物が飛んだりして大変危険です。

万が一に備えて、固定するラッシングベルトを持っておくと役に立ちます。

コメント