ホンダモトコンポをレストアその⑤ オイルタンクホース交換 オイルストレイナージョイントは劣化で簡単にちぎれる

モトコンポオイルタンクのアイキャッチ
スポンサーリンク
てきとーる
てきとーる

仕事しながら趣味のレストアってなかなかうまくいきません。一気にやってしまいたい気持ちがたくさん。

焦っても良い結果は出ないので、のんびりがいいですね。

一つ一つ確実にがベスト。

見出し
  • オイルタンクホースの交換方法
  • 必要な工具と道具
  • まとめ

レストアで重要なのは見た目をキレイにするのと、作業時には扱いやすくすること。

そう、見た目がオイルでドロドロ、錆でボロボロの状態だと作業する気が失せます。

てきとーる
てきとーる

作業するならキレイな状態が良いですよねー。

今回はモトコンポのレストア第5段。

オイルタンクのホース類の交換です。

オイルタンクは当然オイルが入っているので、ヌルヌルでドロドロ。

作業する前にはまず、キレイな状態にしておくのがベスト。

てきとーる
てきとーる

洗剤等を使って、触れる部分はキレイにしておきましょう。

それでは早速みていきましょう。

スポンサーリンク

モトコンポ オイルタンクホース入れ替え

必要な工具とパーツ

  • 入れ替え用のホース(耐油)  内径3.5 外径7.5
  • クリップ サイズ6.0
  • ジョイント オイルストレイナー (品番:55107166010)
  • ラジオペンチ
  • パーツクリーナー
  • 潤滑スプレー(KURE556等)

耐油ホース 内径3.5mm 外径7.5mm

サイズは上記サイズでOKです。多少太くなりますが、同じ太さのものを探す方が困難。

純正パーツは高いので、汎用品でOK。

created by Rinker
エヌティービー(Ntb)
¥362 (2021/08/03 19:00:29時点 Amazon調べ-詳細)

ホースクリップ 6mm

耐油ホース外径7.5mmに合うクリップ。

外径と同じサイズを選ぶとユルユルなので、小さめを選ぶのがGOOD。

created by Rinker
キタコ(KITACO)
¥329 (2021/08/03 19:00:30時点 Amazon調べ-詳細)

ジョイント オイルストレイナー (品番:55107166010)

オイルタンクからオイルが出る部分のジョイント。

劣化で結構ちぎれやすくなってます、40年間無交換であれば・・・

価格も安いので交換がベスト。

モノタロウで販売中 (←リンク)

ラジオペンチ

これは定番中の定番、普通に家庭にあるでしょう。

作業用なら良いものを持っておくほうがよいです。

パーツクリーナー

まずはパーツクリーナー、これはもう必須ですね。

これがあれば、油汚れを一掃できるので必須、結構な本数使うこともあるので多めに持っておきましょう。

created by Rinker
AZ(エーゼット)
¥344 (2021/08/03 17:25:43時点 Amazon調べ-詳細)

潤滑スプレー

ホースを入れるのに、新品だとなかなか入りません。

潤滑スプレーですんなり入るようになります。

created by Rinker
KURE(呉工業)
¥880 (2021/08/04 02:38:33時点 Amazon調べ-詳細)

状態確認

モトコンポオイルタンクの状態1
タンクホース

オイルが入っているので、ヌルヌル、そしてタンクは劣化で色あせてます。

まー、普通に使える状態ですが。

タンクのホースジョイントがちぎれてます。

モトコンポオイルタンクの状態2
ジョイント

正確には・・・・

レストア中取り外そうと引き抜こうとしたら、軽くちぎれました・・・

めちゃくちゃ簡単に。

てきとーる
てきとーる

劣化していた、ということにしておきましょう。

モトコンポオイルタンクのセンサー
オイルレベルセンサー

オイルレベルセンサーです。

特に問題はなさそうで、キレイな状態です。

オイルに浸かっていたので、劣化はなさそう。

モトコンポオイルタンクのフィルター
オイルフィルター

フィルターは多少汚れている程度。

モトコンポオイルタンクのフィルター2
フィルター

パーツクリーナー等で汚れをキレイにしておきましょう。

それより、黒いオイルキャップがスカスカで閉まらない。

モトコンポあるある↓

キャップがスカスカですぐに抜ける。

シールテープを巻くと密閉できるので、シールテープで補修しておきましょう。

created by Rinker
カクダイ(KAKUDAI)
¥153 (2021/08/04 05:12:21時点 Amazon調べ-詳細)

ゴム系パーツ以外は問題なし。

ゴム系パーツは劣化するので替えておくのがベスト。

パーツ類の交換

モトコンポオイルタンクのパーツ1
新品パーツ

新品のジョイントパーツ。

価格は300円程度なので交換しておきましょう。

モトコンポオイルタンクの新品パーツ取り付け
ジョイント

ジョイントは+ドライバーで簡単に取り付けできます。

ジョイントを付けるのに新品だと難しので、潤滑スプレー等で、入れやすくしておきましょう。

モトコンポオイルタンクの新品パーツ取り付け2
パーツ

ジョイントより下の部分のホースはそのまま流用しました。

モトコンポオイルタンクのホース入れ替え
ホース交換

ガソリンタンクに接続するケーブルも一新。

モトコンポオイルタンクのホース入れ替え2
ホース

ガソリンタンクのホースと同時に、オイルタンクホースも交換しておきましょう。

ガソリンタンクホース交換記事↓

ガソリンタンクとオイルタンクの接続

モトコンポオイルタンクとガソリンタンク1
接続

ガソリンタンクとオイルタンクを接続していきます。

モトコンポオイルタンクとガソリンタンク2
接続

接続といっても、2本のホースが接続しているだけ。

あとはナットで固定するのみ。

モトコンポオイルタンクとガソリンタンク3
ホース

両サイド2本のホースを接続して終了。

モトコンポオイルタンクとガソリンタンク4
ナット

ホース下にナットがあるので、左右二箇所を固定して終了。

スポンサーリンク

まとめ ゴム系パーツはすべて交換しておくのがベスト

モトコンポオイルタンクの新品パーツ取り付け3
ホース

40年経過するとそれなりに劣化するし、ゴム系パーツは確実にだめになります。

ばらしたタイミングですべて交換しておくのが良いでしょう。

ホース類交換は難しい作業ではないのと、価格も安いので、是非。

ラジオペンチは良いものを↓

モトコンポのレストア記事↓

コメント