ホンダモトコンポをレストアその③フレームにステアリングボールレースを取り付け メンテ&改善

モトコンポステアリングボールレースのアイキャッチ画像
スポンサーリンク
てきとーる
てきとーる

モトコンポレストアの道はまだまだ長い。

分解された状態で受けったモトコンポのレストア第3弾。

今回は順番にやる必要はない、ボールレース取り付けです。

この記事の内容
  • モトコンポのフレーム、ボールレースの取り付け方法
  • 必要な工具
  • まとめ

40年も前のバイクがいまだに使える。

良いものは長く愛される証拠ですね。

てきとーる
てきとーる

パーツ供給が無いものもありますが、メーカーによっては人気のあるパーツは再販売してくれたりと、ありがたい対応も。

昔のものでも長く使える環境を整えてもらいたいですねー。

13年経過したら増税する車の制度は正直嫌です。

さて、今回はモトコンポの第3弾。

ステアリングボールレースの取り付け。

取り付け工程はいつでもできる。

逆にいうと、ステアリング周りを全部外さないとできない。
(ハンドル、ショック等全部外す)

それでは早速みていきましょう。

スポンサーリンク

モトコンポ ステアリングボールレース 取り付け

必要な工具

  • パーツクリーナー
  • グリース
  • モンキーレンチorウォーターポンププライヤー
    幅広のナットを回せるもの

パーツクリーナー

まずはパーツクリーナー、これはもう必須ですね。

これがあれば、油汚れを一掃できるので必須、結構な本数使うこともあるので多めに持っておきましょう。

created by Rinker
AZ(エーゼット)
¥344 (2021/09/23 16:23:07時点 Amazon調べ-詳細)

グリース

こちらもDIYするなら持っておけば役に立つアイテム。

価格も安いので、買っておきましょう。

モンキーレンチ ウォーターポンププライヤー

今回の作業で最適なのはモンキーレンチです。

ただ、幅広サイズなのでウォーターポンププライヤーで代用でもOK。

created by Rinker
クニペックス KNIPEX
¥3,654 (2021/09/24 02:55:08時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
フジ矢(Fujiya)
¥2,727 (2021/09/24 02:55:09時点 Amazon調べ-詳細)

いろんな種類のモンキレンチを持っていおけば、ほぼほぼ対応できます。

パーツの検証

モトコンポステアリングボールレースの状態1
パーツ

保管されていたパーツ。

グリースが黒く固着しており、かなり古い状態。

ボールの割れは無いので再利用可能。

片側に26個、計52個あればOKです。

モトコンポステアリングボールレースの状態2
パーツ

グリースはかなり汚くなっており、直接触りたくないですね・・・

モトコンポステアリングボールレースの状態3
コーンレース

ボールを受けるボールレースもグリースでべっとり状態。

モトコンポステアリングボールレースの状態4
下側

下側のボールレース、写真がぼけてますが、上側同様に汚い。

パーツクリーナーを吹きかけて、布等で吹けば簡単に取れる。

布はもちろん捨てる布で。

ボールレースの組み立て

モトコンポステアリングボールレースの説明書
説明書

サービスマニュアルには、ボールレース(受け側)の取り付け記載があります。

筆者てきとーるの場合はすでにボールレースは打ち込んであったので、この工程はパス。

専用工具とありますが、平行に打てばOKなので、使えそうなもので代用できるでしょう。

モトコンポステアリングボールレースの組み立て1
グリース

上側。

トップコーンレース(上側の蓋部分)にグリースをたっぷりと付けておきます。

上側のボールはこの蓋部分にボールを並べていきます。

モトコンポステアリングボールレースの組み立て2
グリース

ボールが下向きになるように取り付けるのですが、グリースの粘着でボールが落ちることはないです。

26個を入れるとちょうど埋まります。

モトコンポステアリングボールレースの組み立て3
下側

続いて下側。

下側には直接ボールを付けていくことにしました。

モトコンポステアリングボールレースの組み立て4
ボール

グリースをたっぷりと塗り、ボールを26個敷き詰めていきます。

モトコンポステアリングボールレースの組み立て5
下側

フレームを逆さまにして、下側にボールを入れました。

モトコンポステアリングボールレースの組み立て6
フロントフォーク

取り付けです。

フレームをさかさまにした状態で、フロントフォークを差し込んでいきます。

モトコンポステアリングボールレースの組み立て7
差し込んだ

フレームを固定するために、台座を使います。

本来なら、エンジンと後輪を付けておけば、普通に自立します。

モトコンポステアリングボールレースの組み立て8
締めこむ

この状態でボールの入ったトップコーンレースを回しこんでいきます。

モトコンポステアリングボールレースの組み立て9
締めこむ

手で回せるところまで締めこんでいきます。

モトコンポステアリングボールレースの組み立て10
工具

ここでウォーターポンプフライヤーの出番です。

ちゃんとした指定トルクがありますが、まあ感覚でOKでしょう。

ある程度締めて、ハンドルがうまく動く範囲であればOK。

適度な締め込みです。

モンキーレンチがあればOKですが、ここまで大きいものに対応するサイズは持っていない。

スポンサーリンク

まとめ グリースをたっぷりぬって締めこむだけ

モトコンポステアリングボールレースの状態5
状態

ボールの数が足りているのか、パーツがあるのか不安でレストアしてますが、今回もパーツの欠けがなくうまく組み立てができました。

指定トルクは無視してますが。。。

まずは動かすことがメインなので、簡単にできる部分からやっていきました。

ボールレース部分は気軽にできることが分かったので、またメンテでもやりたいと思います。

ウォーターポンププライヤーは何かと使えます。↓

created by Rinker
ツノダ(Tsunoda)
¥1,173 (2021/09/24 02:55:10時点 Amazon調べ-詳細)

モトコンポのレストア記事↓

コメント