【購入レビュー】バルミューダポット あるだけでおしゃれな空間になる欠点ほぼ無しのストレスフリー電気ケトル BALMUDA The Pot

バルミューダポットのレビューアイキャッチ LIFE(Gadget/Goods)
てきとーる
てきとーる

気づけばバルミューダ製品が身の回りに増えまくってきました。バルミューダの何が良いのか?なんと言ってもデザインでしょう。

それと単純にデザインだけでなく機能性も十分で、むしろバルミューダならではのものもあります。

今回はリニューアルした最新のBALMUDA The Potを紹介します。

この記事の内容
  • バルミューダケトルの紹介
  • 良い点・悪い点
  • 使い勝手の紹介
  • まとめ

バルミューダのアイテムって何か惹かれる部分があります。

すべてのアイテムがデザインされており、とにかく見ているだけで満足感が得られるのが嬉しい。

てきとーる
てきとーる

ですが、すべての商品が良いというわけではなく、購入した商品の中でもイマイチなものもあります。

今回購入したバルミューダ製品は、BALMUDA The Pot

最近リニューアルされて、K02AからK07Aモデルへと変更がありました。

早速リニューアルされたK07Aを購入。

実家のプレゼント用として注文をしました。

ちょうどその時誕生日クーポンが届いていたのですが、なぜか12月。

誕生日が近いので届いたのかと思って、使ったのですが、NGとなり使えない。

コールセンターに問い合わせてみると、手違い全員送信されたようでしたが、誕生日じゃなくても新しいクーポンを発行してくれました。

てきとーる
てきとーる

バルミューダさんありがとう、ちょうどプレゼントだったので、プレゼント用ラッピングで初めて注文しました。

というわけで、新しくなったバルミューダポットのレビューをしていきたいと思います。

バルミューダポット 【BALMUDA The Pot】紹介

バルミューダ

見た目 機能の紹介

見た目

見た目ですが、シンプルで飾り気のない空間を邪魔しないオシャレさがあります。

存在感が無いというわけではなく、空間になじみやすいデザインなので、置いているだけで、おしゃれに見える。

電気ケトルってT-falを思いうべてしまうのですが、ティファールとは違う、生活感の無い電気ケトルです。

絵になる

そして、電気ケトルなのに絵になる。

注ぎ口はドリップコーヒーに最適であり、ドリップコーヒー以外にも普通にお茶をいれたりと、通常用途にもまったく問題無し。

注ぐ

とにかく使いやすくデザインも良い、を両立してくれている電気ケトルです。

大型ではない為、取り回しがいいのも良い点です。

サイズ・機能・価格

バルミューダポットのレビュー33
本体寸法本体のみ : 幅 269mm × 奥行き 128mm × 高さ 170mm
本体重量本体 : 約0.6kg 電源ベース : 約0.3kg
容量0.6L(リットル)
電源AC100V 50Hz/60Hz
定格消費電力1200W
電源コード長さ1.3m
素材本体:ステンレス フタ、取っ手:ポリプロピレン
安全機能空だき防止機能、自動電源OFF機能
沸騰時間の目安200ml 約1分半 / 600ml(満水時)約3分
*水温25度の場合の目安。使用環境により前後します。

写真や画像を見ていると結構大きのかと思うのですが、実物を見るとコンパクトでカワイイサイズ。

600mlを沸かすことができるので、必要にして十分といった容量。

多すぎでもなく、少なすぎでもない。

ちょうどいいを狙った容量がGOOD

機能としてはお湯を沸かすのみ。

電気ケトルなので、それ以外の機能はまったくありません。

当然ですが、自動で沸騰したら止まってくれて、保温機能はありません。

お湯が入っている部分はステンレスなので、お湯が冷めにくいというメリットがあります。

そして、価格ですが・・・

13,200円(税込)

電気ケトルとしては・・・ちょっとお高いですね、バルミューダならではです。

バルミューダ製品は通常の家電と比較しても高額な部類

新旧の違い 旧型:K02A 新型:K07A(2022年リニューアル)

  • バルミューダのロゴカラーの変更
    ホワイト・ブラック共にゴールド系のロゴになり、高級感を増しています。
  • 内側メモリの判別性向上
    ポット取っ手手前にあり、見にくかったメモリが、浮いたような金属プレートになり視認性がかなりアップ

機能面では大きな変更はないですが、見た目がアップして、実用性もアップ。

小変更ですが、良いアップデートですね。

良い点 バルミューダポット

  • 見た目がおしゃれで空間になじんでくれるし、邪魔しない
  • 見ているだけで気分が上がる、使う頻度が高いので余計に嬉しい
  • お湯を注ぐときに、こぼれることがまずない
  • 手になじみやすく、取り回しもとにかく良い、お湯を注ぐ時が毎回楽しみ

見た目についてはもう間違いないでしょう。

見た目のいい電気ケトル、どんな空間にもハマりやすいので、部屋のスタイルを選びません。

取り回しがよく、注ぐときがとにかく気持ちがいい、絶対にこぼれないし安定感抜群です。

毎日使うケトルだから、毎日ワクワクさせてくれるのが嬉しい。

悪い点 バルミューダポット

  • 価格は若干気になる
  • お湯が入っているステンレス部分が高温になる
  • 空の状態でポットを台座に置くとグラつく

価格はバルミューダだから納得して購入しているので、気にはなりませんが、普通の電気ケトルと比較するとやはり高いです。

使い方の点で、沸騰するとお湯が入っているステンレス部分は高温になるので、触ることがないですが、当たると熱いです。

あと、水が入ってない状態で、台座にセットするとグラグラするので、ちょっとイマイチな気分になりますが、最初だけでしょう。

開封から使い勝手までレビュー 動画あり BALMUDA The Pot

ギフト

今回はギフトラッピングで公式オンラインショップから購入しました。

定価でポイントもつかないので、お得感はないですが、プレゼンと用なら専用箱なのでおすすめです。

ギフトラッピング

ギフトラッピングは通常の箱の外側にギフト用の包装がされています。

届くときにはさらに外側に箱があるので、3重で包装されているような感じでした。

バルミューダ

箱を開封するとバルミューダらしいメッセージが記載されており、ワクワクさせてくれます。

バルミューダ

毎度のことながら箱に収納時の説明書きがあり、非常に親切です。

が、電気ケトルの場合常に使うので、扇風機等のような季節家電でない為、しまうことはほぼ無いです。

バルミューダポットのレビュー 1
本体

電気ケトルを箱からだしました。

土台とポット部分のシンプルな構成。

バルミューダポットのレビュー2
質感

電気ケトルとは思えないシンプルかつ質感の高い見た目です。

新しいモデルからはロゴがオレンジがかったゴールドになってます。

バルミューダポットのレビュー3
ランプ部分

ランプ部分は透明で、こちらも高級感を演出してくれます。

バルミューダポットのレビュー4

蓋部分はざらついた見た目で、アイアンっぽい質感です。

アイアン風は好きな人にはたまりませんね。

バルミューダポットのレビュー5
先端

先端は垂れない形状になっています。

ステンレスなので、中がシルバーなのも良いですね。

バルミューダポットのレビュー6
内部

内部もステンレス製で、冷めにくい構造になっています。

見た目もプラスチックではなくステンレスのシルバーが良い感じです。

バルミューダポットのレビュー7
プレート

内部に浮いたように突き出たプレートがあり、最大の位置がすぐに判別できるようになってます。

リニューアルモデルから視認性が高くなっているのも注目点です。

バルミューダポットのレビュー8

蓋部分には突起部分があり、蓋を締めるとガチっと締まります。

バルミューダポットのレビュー9
底面

底面はステンレス素材ではなく、熱くならない設計になってます。

電源部分はよくある電気ケトルと同じですね。

バルミューダポットのレビュー10
台座

台座部分に置いてみました。

空の状態でポット本体を置くとグラつくのが気になりました。

空の状態グラつく動画(無音)↓

しかし、水を入れた状態だとかなり安定するので、それほど気にはなりません。

水を入れた状態の動画無音

水を入れた状態だと安定して、スムーズに回転するようになります。

空の状態で触ることもほぼ無いので、最初に気になるだけでしょう。

バルミューダポットのレビュー11
台座

台座はざらついた質感の樹脂製です。

バルミューダポットのレビュー13
コード

コードの長さは1.3mで必要にして十分な長さです。

バルミューダポットのレビュー14
コンセント

コンセントの先端は白くなってます。

この部分はほぼ見る事がないので、どうでもいいですね。

バルミューダポットのレビュー15
コード

コードは収納できるようになっており、好みの長さで使用できます。

バルミューダポットのレビュー16
短い

最も短く収納した場合で、上記画像のようになります。

バルミューダポットのレビュー18
シンプル

短くすればコードのわずらわしさが無くなり、見た目もすっきりするので良いです。

バルミューダポットのレビュー19

実際に水を入れてみました。

MAX表示がものすごく分かりやすく、視認性は抜群です。

バルミューダポットのレビュー20

蓋をして、下にあるスイッチをONにして沸騰させます。

スイッチの使用感動画(無音)↓

カチッと入る感じで、使いやすいスイッチです。

場所も主張しない場所にあり、デザインを優先させている印象です。

バルミューダポットのレビュー21
スイッチ

スイッチをONにすると取っ手部分のランプがオレンジに光ります。

バルミューダポットのレビュー22
ランプ

非常に柔らかなランプで、暗い場所でみると安らぎを与えてくれる印象。

ランプ点灯時の動画(無音)↓

じんわりと光る感じが良いですねー、ランプの演出もバルミューダらしさがあります。

バルミューダポットのレビュー24
沸騰

沸騰すると、上部の蓋の隙間から蒸気が出てきます。

バルミューダポットのレビュー23
時間

沸騰する時間を計測してみました。

12月の寒い時期で完了までに3分10秒程でした。

沸騰までの間に、コーヒーを準備したりするにはちょうどよい時間です。

バルミューダポットのレビュー25
お湯

お湯を注いでみましたが、とにかく入れやすい。

まったくこぼれないのが好印象。

色々試した入れる時の動画(無音)↓

ギリギリで傾けたりしてみましたが、まったくこぼれる気配がなく、安定感抜群でした。

これならストレスフリーで使えます。

バルミューダポットのレビュー26
つなぎ目

ロゴ下のつなぎ目より上がステンレスで、下が樹脂になります。

上部のステンレスは触れないくらい高温になるのが気になるところです。

樹脂部分は全く問題ないです。

取っ手をもって使うポットなので、まず触ることはないですが、小さい子どもには注意が必要でしょう。

バルミューダポットのレビュー27
残り

ポットとノズル部分のつなぎ目が出っ張っている為、全ての水が完璧には出せません。

さかさまにして出す必要があります。

衛生上気になる人は注意ですが、頻繁に使用するならまったく問題はないでしょう。

バルミューダポットのレビュー28
注ぐ

とにかく入れるときの取り回しが素晴らしいバルミューダポット。

注ぐときが一番気持ちが良く、すぐにまた何かを入れたくなるような感覚です。

水がしたたり落ちることもなく、ストレス―フリーなのも最高です。

こんなに良いならスターバックスモデルを少し高いけど買えば良かったと少し後悔してます。

スタバモデル↓

created by Rinker
ノーブランド品
¥25,498 (2023/02/02 12:18:22時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ 質感高く欠点ほぼ無し 使うときが毎回楽しみ

シンプルな構造な故、細かい点が気になる電気ケトルですが、このバルミューダポットはとにかく優秀。

水切れがよく、ストレスなく入れるのが楽しくなるポットです。

容量も600mlと最適で、頻繁に使用したくなるまさに理想の電気ケトルでした。

バルミューダ製品レビュー記事↓

コメント