高額トースター対決 BALMUDA(バルミューダ) VS Aladdin(アラジン)口コミ比較レビュー

トースター比較のアイキャッチ LIFE(Gadget/Goods)
てきとーる
てきとーる

昔ながらの大手家電メーカーではなく、最近では多くのメーカーが様々な家電を出しています。

トースターもデザインや特別な機能を重視した高額商品が売れています。

注目のバルミューダとアラジンのトースターを比較してみました。

この記事の内容

筆者はバルミューダとアラジンのトースターを購入し、実際に使ってみた感想を比較。

  • 使い勝手・デザイン
  • 機能・おいしさ
  • まとめ

バルミューダとアラジンのトースター、どちらも2万円以上する高額トースター。

トースターって選ばなければ、3,000円あれば普通に買えます。

安いから悪いというわけでもなく・・・

焼くという機能だけの単純家電なので、機能は十分、そして単純なので長持ちする

そうなんです、トースターは熱を帯びる石英管のみで、水にも強く耐久性は高い。

なので、10年くらい余裕で使えてしまいます。

てきとーる
てきとーる

10年で3,000円ってめちゃくちゃコスパ良すぎですよね。

では、なぜ高額トースターが売れるのか・・・

毎日使うものだからこそ、より高い満足度を求める

日々忙しい毎日、少しくらい贅沢して、生活の質を向上させていですよねー。

毎日使うなら、高くても長い目でみると十分納得できる価格。

納得できる価格というのが重要です。

てきとーる
てきとーる

筆者てきとーるを含めて、みなさん納得できる価格だからこそ、高くても買っているのです。

とはいうものの、同じ価格帯でも、様々な商品がありますね。

今回は高額トースターの中でも、バルミューダとアラジンの2つの比較です。

それでは早速見ていきましょう。

トースター詳細記事↓

高額トースター比較 バルミューダ VS アラジン

アラジントースターの外箱
アラジントースター

見た目 デザイン

デザインについてはほぼ好みになるでしょう。

バルミューダ

バルミューダはモダンなデザインで、シンプルでおしゃれ。

他のバルミューダにも言えることですが、無駄を省いたシンプルでモダンな印象。

バルミューダトースターのHP画像8
バルミューダ

都会的な印象でありながら、どんな部屋にもマッチしやすい。

カントリー調、レトロといった印象には若干ミスマッチ感があります。

使い勝手としてのデザインもシンプルで秀逸です。

アラジン

アラジントースターのHP画像1
アラジン

アラジンはバルミューダと対象的に少しレトロな印象。

かといって都会的な印象のカラーもあり、どちらでも似合う。

カラーが豊富なのもアラジンの特徴でしょう。

ただ、カラーは季節限定カラーであったり、常に買えるモデルではないので、注意

自分好みのカラーが発売されたらラッキーですね。

アラジンのサイトをチェックするか、メルマガ登録しておけば、最新情報を手に入れることができます。

スノーホワイトを使ってますが、天板及び側面が黄ばむので、あまりおすすめしません。

結構気になるので、目立たないカラーを選ぶと良いでしょう。

仕様なのかもしれませんが、あまりデザイン面での品質は高く無い印象。

デザイン面での使いやすいさは、バルミューダ同様シンプルで使いやすい。

機能

バルミューダとアラジンで分かれるポイントです。

バルミューダはパンに重きを、アラジンは調理に重きを置く。

バルミューダ

バルミューダトースターのHP画像6
パンモード

パンの種類ごとにう焼き加減を調整してくれる。

そして、バルミューダの特徴である、毎回カップに5ccの水を入れてから、トーストする。

バルミューダトースターのHP画像2

これによって、外はカリッと中はやわらかくしっとりしたパンになる。

バルミューダトースターを使う1
パン

トースターはどうしても、水分を蒸発させてしまうので、焼きすぎるとパン全体がカリカリに。

それが好きな人であればいいですが、もさもさとした水分のなさは結構辛いときもある。

バルミューダはとにかくパンに特化したトースター。

もちろん調理にも使えるが、やはりパンが最高。

パンをとにかくおいしく食べたいならバルミューダが最適

アラジン

アラジントースターでパンを焼く画像4
アラジン

アラジンももちろん格安のトースターと比較すると、パンはおいしく焼ける。

グラファイトヒーターが上についており、一気に高温にすることで、水分を逃しにくくしている。

グラファイトヒーターは電気ヒーターとして使われており、1秒たらずで一気に暖かくなるヒーターと同様のものを使用。

アラジントースターのHP画像3
グリルパン

アラジンの特徴は何といっても、グリルパンが付属しており、高温によって調理ができる。

蓋を閉めて焼くだけで、簡単調理が誰でもできるというのが嬉しい。

魚を焼くことも可能。

てきとーる
てきとーる

筆者てきとーるは、家に魚焼きグリルがないIHを使っているので、アラジンのトースターは結構嬉しい機能。

様々なレシピがあり、ネットにも多く掲載されているので、調理する楽しみは増えるのがアラジン。

どちらを取るかは難しいところです。

選ぶポイント

  • パンをおいしく食べたいならバルミューダ
  • パンだけでなく調理にも使いたいならアラジン

まとめ 用途で選べばどちらを選ぶかは簡単に決まる

バルミューダトースターのHP画像1
パン

バルミューダは完全にパン焼きに特化したトースターです。

もちろんパンだけでなく調理にも使えますが、調理の幅広さはアラジンには負けます。

アラジンはパンはバルミューダほどおいしくはないですが、調理の幅がかなり広い。

パンをおいしく食べたいならバルミューダ、調理にも幅広く使うならアラジン。

ネットでの購入が安いくてお得↓

created by Rinker
BALMUDA(バルミューダ)
¥28,950 (2021/09/24 01:55:41時点 Amazon調べ-詳細)

トースター詳細記事↓

コメント