台湾 高雄 朝食ショップに行ってみた。有名店と比べてどうだった?興隆居伝統早点美食を紹介

私が注文した4品 台湾

朝食店の多い台湾での、興隆居伝統早点美食の位置付け

興隆居伝統早点美食のお店外観

台湾高雄での朝食ショップを紹介います。台湾人にとって朝食ショップはなくてはならない存在です。私はテイクアウトすることはまず無いですが、台湾では半分くらいの人はテイクアウトしているイメージです。実際はもっと多いかも。遅い時間帯に行ってそのくらいなので、朝の多い時間だともっと多いでしょう

テイクアウト文化は本当に素晴らしいし、その技術も素晴らしいと思う。普通に考えたらそんなのテイクアウトできないだろうっていう食べ物も普通に持って帰れます。それが当然であるかのように。特にスープ類に関してはビックリさせられることが多いです。普通のビニールに汁物を入れて、輪ゴムで止めて終わり

恐るべし、台湾。日本でそういう店あるのかな

さて今回訪れたのは、興隆居伝統早点美食
google mapでの評価は3.6(2019.1.31現在)
高雄で有名な老店興隆居傳統早點美食評価は4.2(2019.1.31現在)
私の好きなお店老店興隆居傳統早點美食の隣の果貿来来豆漿評価は3.9(2019.1.31現在)

その差は歴然な気がしますが。

いつもは注文してもらうことが多い私ですが、この日は一人で気ままに。というよりドキドキしながら注文しました。

興隆居伝統早点美食を紹介 メニュー

まずはメニューから。何度も台湾を訪れているのですが、ほぼメニューを見て注文することはないです。朝食の場合その場にあるものを適当に指差しで注文しているだけです。

興隆居伝統早点美食のメニュー表

今回も例に漏れず、あるものを指差しで注文していきました。唯一名前で注文できるものはダンピンくらいでしょう。あとは最近やっと覚えてきたトウチャン。しかし私はこのトウチャンの発音に全く自信がないです。次回はちゃんと発音して注文して見たいです。

入り口から好きなものをチョイスしながら一番奥のレジまで行き、会計をするというよくあるスタイルです。メニュー以外は何も悩むことはないです。

ただいつもお金がいくらなのか分かりません。自分で適当に計算して多めのお金を私てお釣りをもらいます。いつになったら覚えれるのでしょうか。多分覚えることは不可能でしょう。勉強する気がないと・・・。

店内の様子、奥がジレになっている

今回私が注文した品はこちら。

  • 肉まん
  • ダンピン
  • クロワッサンのような生地に卵が挟まれたもの
  • ミルクティー
私が注文した4品

正直、今回は頼みすぎました。肉まんとダンピンを食べた時点で既に満腹。
やはり欲張ってはいけません。ほどほどに。

味はどうだったのか

正直言うと普通でした。ただダンピンはうまかったです。ミルクティーも普通ですねー。何か特徴のない普通の味という感じです。とりあえずお腹を満たすだけの目的であればいいでしょう。ただ台湾らしさを求めると少しがっかりするかもしれません。

ただお店で食べるのは非常に楽しい。地元の人が入れ替わり入ってくるので、それを観察しながら食べるのは楽しいです。

肉まんに、テーブルにある赤い調味料をかけると美味しいです。逆にないと普通すぎて・・・

肉まんに赤い調味料をかけた画像

場所はどこー? 美麗島駅から近くアクセス良好

美麗島から近いと思ってたのですが、地図をみると捷運信義國小站からの方が近いですね。美麗島からイエローラインで一駅です。ただ、この店にくる為にわざわざこの駅で降りて食べに行くと言うことはほぼ無さそうです。近くのホテルに宿泊したとかなら分かりますが。

グッドニュースとしては隣に私の大好きな好面食堂があると言うこと。ここは本当にいい店なので是非行って見てください。好面食堂は下記記事の下の方に書いてます。好面食堂はそれだけで1記事書けばよかったと思うくらい好きですねー。

番外編

お店で食べてたらテイクアウトの地元のお客さんがいたのですが、なんと赤い調味料を小さな袋に入れて持って帰るではありませんか。ジップロックのようなものすごく小さい袋です。日本だとクリップとか小物を無くさないようにひとまとめにするやつです。

こんなやつ

小さいジップロック

これに赤い調味料を入れてました。ビックリです。なんでも持って帰れるのが台湾のいいところですねー。自分の好きな場所で好きなものを食べれるのはいいと思います。

店内テイクアウトで赤い調味料を持って買える地元民

コメント