【スリランカ】pickme配車アプリはUberより評価高いし、便利!絶対必要

pickmeのアプリ 旅役立ち情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スリランカではpickmeは必須アプリ

pickmeのアプリ
pickmeアプリ

アーユーボーワン、てきとーるです。

今回はスリランカで必須アプリであるPickMeを紹介したいと思います。

PickMeは出会い系アプリでも、ナンパする為のアプリでもないです。

てきとーる
てきとーる

誰もそんなこと思ってないわ!!

PickMeはUberと同じ配車アプリのスリランカ版です。

スリランカでしか使えません。

PickMe Sri Lanka

PickMe Sri Lanka

The Internet Agency無料posted withアプリーチ

しかし!Uberより安いし、使い勝手もUberと同じで感覚的に使うことができて便利です。

何より!スリランカではぼったくりドライバーがいるので、PickMeを使えばぼったくられる心配もないし、あとで追加請求されることもなく嫌な思いもすることがないです。

今回はそんな便利なpickmeの使い方について紹介したいと思います。

事前準備 登録 クレジットカード必須

pickme初期設定
アイコンをスリランカの地図上に

まずは初期登録時には下記が必須項目

  • Eメール
  • 電話番号
  • 名前(適当でOK)

これを元に登録を行います。その後支払いの登録になります。クレジットカードは必須です。

登録時には、pickmeアプリでアイコンをスリランカの地図上にしましょう。そうしないとアプリが使えない状態です。

スリランカの地図上に持っていくと上記画像の紫の○のように3本線が出てくるのでタップしましょう。

pickme支払い登録
支払いの登録

Paymentがあるので、タップしてクレジットカードの登録を行いましょう。

登録が住めばPickMeを使える状態となります。

使い方

pickme初期画面で行き先設定
行き先設定

アプリを開くと上記画面が出てくるので、紫部分をタップしましょう。

pickme行き先設定
どこに行くの聞いてくる

どこに行きたいか聞いてきます。具体的な場所が決まっていれば直接入力しますが、地図上で行きたい場所にピンを設定する方が楽です。

一番下の Set location on map をタップしましょう。

pickme行き先ドロップ
行き先にピンを設定する。

上記画面になるので、画面をスライドしながら自分の行きたい場所にピンを持っていって、一番下にある黒い部分の SET DROP LOCATION をタップしましょう。

この時地図を拡大縮小もできるので、ピンポイントで場所を設定することも可能です。

pickme予約前
ルートと価格

ルートと価格が表示されるので、よければ Book Now をタップします。

あとはドライバーがくるまで待つのみです。

乗車して、行き先まで楽しむ

バンダラナイケ空港からpickmeアプリ
ドライバーとナンバーが出る

迎えに来るまでは上記画面のように、車両のナンバーが出ているのでナンバーを頼りに予約した車を待ちましょう。

リアルタイムで更新されるので、見つけやすいです。

pickmeのドライバー
ドライバーが来たら乗車する

PickMeのドライバーはかなりマナーがいいと思います。

乗り終わったあとに評価することになるので、変なことをすると自分の評価が悪くなり依頼が増えなくなるからです。

良いドライバーが多いのもPickMeのいいところですね。

pickmeのドライバー携帯を使いこなす
スマホを使いこなすドライバー

スマホを複数設置しているドライバーが多いです。PickMe用とナビ用で2つもってる人が多かったですね。

目的地に到着後はドライバーが終了ボタンを押すのでこれで完了です。

クレジットカードから勝手に引き落とされるので、現金を渡す必要はないです。

満足いったらチップ程度は渡してもいいかもですね。てきとーるは一人以外は全てに渡しました。

一人は無言でただ仕事だけするスタイルの人で楽しくなかったので渡しませんでした。他のドライバーは気さくで楽しく声をかけてくれて有意義な時間を過ごせました。

終わったらドライバーの評価!履歴の確認もできる

pickme履歴
履歴の確認ができる

乗り終わったらドライバーの評価画面が出るので、評価してあげましょう。

乗った記録がMy Tripsから確認できます。価格も変化することもないので安心ですね。

スポンサーリンク

便利な使い方

日本にいながら、ポイントをスリランカにもっていけば、ここからここまでという風にピンを設定すれば価格を調べることができます。

これさえ知っていれば、相場をしることにもなるので、現地でぼったくられる心配はないです。

現地ドライバーがふっかけてきたら、pickmeだとこの価格だ!と言って少し高いくらいと言えばすぐ納得します。

旅の計画をするのにpickmeは結構使えるので、事前準備に最適です。

スポンサーリンク

まとめ

かなり便利なpickmeですが、やはり田舎だとドライバーがいないので利用できません。

やはりコロンボやキャンディーといったある程度利用が見込める土地が多いです。コロンボではかなり便利でよく使わせてもらいました。

面倒な値段交渉をしなくていいので、ものすごく楽です。

PickMeが無い時代は旅行者は大変ですね。相場が分からないからドライバー同士で価格設定されたらどうしようもないです。

価格競争を起こさせて乗車側の満足度を向上させる意味で、PickMeは最適なアプリではないでしょうか。

スリランカに行った際には是非利用しましょう。

スリランカ旅の全工程と記事のまとめは下記で紹介↓

コメント

  1. 車に乗るのは 搭乗 ではなく 乗車 ですね。搭乗は航空機などで使う言葉です。
    失礼しました。

    • 通りすがりさん
      ご指摘ありがとうございました。修正しました。これ以上恥をかかなくて済んだので、助かりました!
      今後ともよろしくお願いします。