香川讃岐 ジャズが聴けるおすすめのこしのあるうどん屋 手打ちうどん渡辺

手打ちうどん渡辺のアイキャッチ画像 日本

てきとーる とは?

旅とキャンプ・車中泊が大好きなアラフォー雑記ブロガーのてきとーるです。

節約しながら旅に関連することを実体験から得て書き続けています。

香川県のうどんってなんであんなにコシがあっておいしいのに安いのでしょうか。

うどん県のうどんを味わうと違う場所でのうどんが高くていまいちだと感じてしまいます。

てきとーる
てきとーる

毎日うまいうどんが食べれるのがうらやましいです

裏てきとーる
裏てきとーる

安いからそう思うだけだろ

てきとーる
てきとーる

値段が安いから毎日でも食べられるんですよねー

さて、今回はそんなうどん県である香川県三豊市にある手打ちうどん渡辺を紹介します。

手打ちうどん渡辺は店内でジャズが流れているなんとも不思議なうどん屋です。

決して、しゃれた雰囲気にしているわけではなく、モダンな店内でジャズを聞きながら落ち着いた雰囲気でゆったりとうどんが楽しめます。

それではさっそく香川県の手打ちうどん渡辺を見ていきましょう。

手打ちうどん渡辺の特徴
  • ジャズが流れる落ち着いた店内
  • ゆっくりと落ち着いて食べることができる
  • コシが素晴らしく味もいい
  • 器も盛り付ける台もおしゃれ
  • おでんもある
  • PayPay OK

スポンサーリンク

ジャズとコシ 香川県三豊市手打ちうどん渡辺の詳細

場所

四国香川県は三豊市にあります。

営業時間は10:30-19:00(うどん無くなり次第終了)

朝から夜までやっているので四国88ヶ所巡り途中に利用するのもいいでしょう。

近くには四国88ヶ所霊場 第70番本山寺があります。

五重塔が素晴らしいお寺です。

店内の様子 動画あり

手打ちうどん渡辺のテーブルシート
落ち着いた店内

店内は現代風の室内で、落ち着いた雰囲気を演出しています。

香川のうどん屋の人気店だと、さっさと食べて出ていくというイメージですが、手打ちうどん渡辺に関してはとゆったりと落ち着いて食べることができます。

手打ちうどん渡辺の店内
モダンな雰囲気

モダンな雰囲気で座敷もあり、ゆっくりうどんを楽しめます。

手洗いもあり、衛生面にも気を使っており、ありがたいですねー。

店内の動画↓

手打ちうどん 丸亀渡辺 店内のジャズ

もはやうどん屋ではないですねー。

ジャズが落ち着いた店内をさらに落ち着いた雰囲気にしてくれています。

お店の方が落ち着いてうまいうどんを楽しんで欲しいという気持ちからジャズを流しているのかもしれませんね。

メニュー

手打ちうどん渡辺のメニュー
おしながき

UDON MENU

かけ250円
わかめ320円
かやく350円
月見350円
卵とじ370円
えび天450円
きつね450円
みそ450円
カレー470円
450円
肉玉500円
肉とじ520円
鍋焼き620円
湯だめ320円
釜上320円
釜玉400円
釜バター500円
ざる350円
しょうゆ(冷・温)350円
ぶっかけ(冷・温)350円
肉ぶっかけ(冷・温)450円
いか天ぶっかけ(冷・温)670円

うどんの量

1.5玉+40円
2玉+80円
2.5玉+120円
3玉+160円

SIDE&DRINK MENU

おむすび(セルフ)80円
いなり寿司(セルフ)80円
おでん(セルフ)100円
天ぷら・揚物(セルフ)100円
竹輪磯辺揚(揚げたて)120円
とり天(揚げたて)150円
鶏めし180円
牛丼230円
ビール(中瓶)550円

価格は店内でのんびり食べれるなら良心的な価格だと思います。

製麺所や回転の早い所は安いですが、おちついて食べれるなら素晴らしい価格です。

牛丼が230円ってものすごく気になりますねー。

がっつり食べるなら3玉(通常+2玉)で+160円なのでかなりありがたいですね。

おでんが充実

手打ちうどん渡辺のおでん
本格おでん

香川県のうどん屋には天ぷらとおでんは定番ですねー。

回転が早い店以外にはほぼおでんがあるようなイメージです。

うどんだけだと寂しい人にとってはありがたいメニューですね。

手打ちうどん渡辺のおでんの値段
1つ 100円

おでんは1つ100円んで、セルフとなっています。

手打ちうどん渡辺のおでんの場所
みそだれとからし

うどんの横にはからしと味噌ダレがおいてあります。

味噌ダレはうれしいサービスですねー。

ついビールを注文したくなりそうです。

運転してもらえるならゆっくりとビールとおでんをつまみながら、ジャズを楽しみたいですね。

注文方法 注文したもの 支払い(PayPay OK)

手打ちうどん渡辺の店内とスタッフ
店内と店主さん
注文方法
  1. 店内に入る
    混んでいる場合は受付に名前を買いて待つ
    親切な店主がどのくらいかかるか教えてくれます。
  2. カウンター、座席、テーブルに座る
  3. メニューを見て注文する
  4. セルフでおでんやおにぎり等を選ぶ
  5. トッピングと水が運ばれてくる
  6. 注文品が来る
  7. 食べ終わったら会計(PayPay使用可能)

水やトッピングがセルフの店が多いですが、手打ちうどん渡辺では持ってきてくれます。

かけが250円からの価格からして、ありがたいサービスです。

手打ちうどん渡辺のぶっかけ
ぶっかけ3玉
注文したもの

ぶっかけ 冷 3玉 を2つ

  • ぶっかけ 350円
  • 3玉 +160円

510円×2つで1020円です。

おぼんがおしゃれで、さらにはすだちとネギとわさびまであります。

味の変化を楽しめるように工夫がされています。

手打ちうどん渡辺のレジ
支払いはPayPay OK

支払いにPayPayが使えるのはありがたいですねー。

楽だしお金が戻ってくる、ペイペイは今後必須です。導入は下記より↓

paypay_IOS

実食

手打ちうどん渡辺のトッピング
トッピング

トッピングが運ばれてきます。

足りない場合は店員さんがすぐに追加してくれます。

手打ちうどん渡辺のぶっかけアップ画像
うどん3玉

うどんの艶があり、太さもあり食べ応えがありそうな見た目です。

手打ちうどん渡辺の食べているところ
こしのあるうどん

香川県のうどんの特徴であるコシもしっかりとあります。

ジャズを聞いてリラックスするからうどんもリラックスしてやわいのかと思ったらそんなことなく、コシのある頼りのあるやつでした。

ぶっかけの汁も味がよく、すだちやわさび等を入れるといろいろ楽しめました。

味の感想

うどんのコシはしっかり

ダシもうまく、トッピングが多く楽しめる

ゆっくりとうまいうどんを楽しめる雰囲気もいいため、うどんの味がしっかりと味わえるのでうまい

スポンサーリンク

まとめ

手打ちうどん渡辺ののれん看板
手打ちうどん渡辺ののれん

おしゃれな店内でジャズを聞きながらという新しいスタイルのお店ですが、決して見た目で味をごまかすわけではなく、むしろしっかりとしたうどんが食べれます。

回転の早いうどん屋で流し込むように食べるのもいいですが、うどん本来の味をしっかり味わうのであれば手打ちうどん渡辺はかなりおすすめです。

店主も素晴らしい人柄で好感が持てます。

また行きたいと思ううどん屋でした。

香川県のうどん屋 他のおすすめの店は下記↓

がもううどん

山内うどん 香川県まんのう町

うどん一福 香川県高松市

香川県善通寺市周辺のおすすめスポットは下記↓

コメント