格安300円!四国でおすすめの温泉は道の駅に隣接 最高に便利な塩江温泉行基の湯

行基の湯のアイキャッチ画像 日本

てきとーる とは?

旅とキャンプ・車中泊が大好きなアラフォー雑記ブロガーのてきとーるです。

節約しながら旅に関連することを実体験から得て書き続けています。

キャンプ&温泉ができる四国でも数少ない場所があります。

それが塩江温泉。

四国では温泉が少ないのですが、塩江温泉は数多くの温泉宿と立ち寄り湯もあり、温泉とキャンプ好きにはたまらない場所です。

裏てきとーる
裏てきとーる

温泉とキャンプを無理矢理結びつけてないか?

てきとーる
てきとーる

温泉キャンプは最高だからです

ではさっそく、温泉キャンプが楽しめる塩江温泉の中でも最高に便利な行基の湯を紹介していきましょう。

行基の湯の素晴らしい点
  • 道の駅に隣接していてソフトクリームも食べれる
  • 建物がレトロ調で景観と合っていて癒される雰囲気
  • 足湯が無料開放されている
  • キャンプ場利用で300円の割引価格で利用可能

お風呂が300円引きになるキャンプ場は奥の湯公園キャンプ場、記事は下記↓

奥の湯公園キャンプ場の記事

スポンサーリンク

香川県高松市 塩江温泉 行基の湯の詳細

場所

行基の湯の建物1
行基の湯へ向かう道

四国は香川県、高松市の山間にある塩江温泉にあります。

辺り一帯は山にかこまれており、キャンプ場も多数あり憩いの場所として利用されています。

四国ではなかなか温泉がありませんが、塩江温泉は四国ではありがたい温泉の一つです。

温泉も楽しめて、キャンプもできる素晴らしい場所ですねー。

料金

行基の湯の価格
行基の湯料看板
入浴時間9:00-22:00(4月-10月)
9:00-21:00(11月-3月)
足湯11:00-17:00
定休日第1,第3 火曜日
入浴料金大人470円
キャンプ場利用で大人300円
割引券はキャンプ場受付で
高齢者360円(60歳以上)
小人240円(6-11歳)
乳幼児無料
備品リンスインシャンプー
ボディーソープ・石鹸
ドライヤー

奥の湯公園キャンプ場を利用すると割引券を貰えて、大人は300円になります。(子どもは割引なし)

奥の湯公園キャンプ場の受付は、ここ行基の湯にある道の駅に隣接した場所に受付があります。

行基の湯の券売機
券売機

入浴券以外にもいろいろ販売してます。

この券売機2000円札が使えるようですねー。試すこともできないくらいに2000円札見かけないですが。

大人 回数券 11枚4700円
高齢者 回数券 11枚3600円
カミソリ50円
タオル150円
バスタオル450円
歯ブラシ50円
洗顔&クレンジングセット210円
炭石鹸100円
馬油・漢方ローション530円
ミルクローション1570円
スキンクリーム1570円
ホワイトローション1050円

塩江温泉行基の湯の敷地と建物等 足湯あり

行基の湯足湯
足湯

駐車場に車と停めて歩いていくとまず足湯があります。

こちらは無料で開放されており、11時~17時まで誰でも利用することができます。

ありがたいですねー。

川と山の景色を見ながら足湯を楽しめるので癒されます。

行基の湯の外側の景色
行基の湯へ向かう道

上記写真の右にある橋は、道の駅へと続く橋です。

道の駅ではソフトクリームや食べ物等が充実しているので、お風呂上りにふらっと立ち寄ってもよさそうです。

きれいに整備されており、歩いていて気持ちのいい道です。

行基の湯の建物2

奥に見えるのが行基の湯の建物です。

景観に合わせた建物作りで、見た目も雰囲気がありいいですねー。

木々も手入れされており、てきとーるは結構好きです。

男 入浴前

行基の湯の脱衣所
レトロなロッカー

お風呂はそんな古い感じではないですが、建物や内部は結構レトロな造りにしてあります。

ロッカーは鍵が一部壊れていたりするので、選んでから使いましょう。

ドライヤーも完備されているので不便に感じるものはないです。

行基の湯の内湯1
脱衣所

体重計もレトロでいい感じです。

お年寄りの椅子や子どもの椅子も準備されており、好感が持てます。

脱衣所はそれほど広くはないですが、必要にして十分といった感じです。

いざ、入浴

行基の湯の内湯2
内湯

内湯は広めで10人くらいが入れる大きさです。

シャワーは8か所くらいあるので十分でしょう。

温泉はこれといった匂いや特徴は感じられませんが、肌にまとわりつくような感覚はあり、しっとりとして湯上りにはつるつるするような感覚です。

内湯はそれほど塩素消毒がされていないので、匂いも塩素臭は感じられません。

行基の湯のサウナ
サウナ

おもしろい構造のサウナです。

内湯から階段を下におり、洞窟のような場所にサウナがあります。

狭いですが、サウナの機能としては十分です。

構造がおもしろいので是非とも体験してみたいですね。

行基の湯の露天風呂に向かう
露天への道

露天風呂へと続く道を歩いていきます。

滑りにくいようにざらざらした石を利用しているんので安心です。

行基の湯の露天風呂1
露天風呂

いい雰囲気の露天風呂です。

こちらは内湯と違い、塩素臭がするので温泉という実感はあまりないですねー。

ものすごく開放的な露天でもないですが、緑を感じながら癒される空間となっています。

囲まれ感があるので安心感はあるかもしれません。

行基の湯の露天風呂3
露天からの景色

露天からの景色です。

手前に見えるのがサウナです。石が積みあがてある場所の下にサウナがあります。

建物と緑の景色がなんとも癒されますねー。

内湯と露天とサウナで470円はかなり良心的な価格だと思います。

キャンプ利用で300円となれば最高ですねー。

休憩所

行基の湯の受付
受付

受付もレトロ調になっています。

トイレの表現も「かわや」となっており、昔ながらのイメージを出していますね。

行基の湯の受付休憩場所
休憩所

休憩所はかなり狭いのですが、川を見ながら牛乳を飲んだりして、のんびりと過ごせます。

囲炉裏があったり癒される空間を演出してくれているのはいいですねー。

長居できそうです。

行基の湯の売店の商品
売店

地元のお土産らしきものが売られています。

行基の湯の休憩場所
外の休憩所

建物の外には無料休憩所があり、こちらは広いので、中がいっぱいの場合はこちらの「やすんば」がよさそうです。

建物もきれいなのでのんびりできると思います。

スポンサーリンク

まとめ

行基の湯の露天風呂
露天風呂

行基の湯いかがだったでしょうか。

価格も安く、道の駅に隣接していて景色もキレイで癒されます。

キャンプ利用で300円となるところもありがたいですよねー。

キャンプでお金を払ってもお風呂で割引があるので、かなりお得です。

割引になるのは奥の湯公園キャンプ場で、道の駅隣に受付もあり、便利です。

奥の湯公園キャンプ場の紹介記事

キャンプ場も素敵な場所なので、家族連れにはおすすめです。

四国香川県に行った際には是非、キャンプと塩江温泉を楽しんでみてください。

うどん一福 香川県高松市

コメント