ハイエース

車中泊 ハイエース サンシェード吸盤が落ちる対策シートはダイソーで

車中泊をするのに必須アイテムはサンシェードです。ハイエースにサンシェードを取り付けると吸盤がはがれてくることがあります。解決するために100円均一のダイソーで吸盤シートを購入してきました。貼り方やその後のレビュー等、写真を交えながら紹介しています。
LIFE(Gadget/Goods)

子供も運べるおすすめキャリーワゴンDODはテーブルにもなる多用途キャンプギア

DODのキャリーワゴンは荷物だけではなく子どもも乗せれるし、フロアマットを板で自作DIYすればロースタイルテーブルとしても使えます。キャリーボックスと下敷きの板これさえあれば、無駄なく便利にキャンプスタイルがすぐに実現可能。写真と共に紹介します。

楽にタイヤ交換!ジャッキアップするなら2本同時にいけるアルカンがおすすめ!

おすすめの油圧ジャッキならARCAN(アルカン)。タイヤを2本同時に交換可能で、片手で楽々車体が持ち上がります。耐荷重の重量は2.5トンと普通の車なら余裕のパワー!ハイブリッド構造や機能面でも優れており、1台もっておけばタイヤ交換から整備まで幅広く対応可能

ハイエースアドブルー入れ方 ディーゼルなら必須作業 DIYで簡単補充

ハイエースのディーゼルエンジンなら必須作業であるアドブルーの補充。DIYでやると簡単かつ安く補充することが可能です。作業自体は非常に簡単で、ガソリンを入れる感覚で行うことができます。ディーラーに行って待たされるより家でポチッと注文して補充しましょう。

ハイエース パイプラックDIY作成ならイレクターが安い!購入から取り付け方まで解説

ハイエース パイプラックとパイプハンガーをDIY作成ならイレクターが安い!かなり安価で数多くのジョイントがあるのでステンレスパイプよりかなり便利で安いです。オグショーの6分の1の価格で作成可能。車泊にもキャンプにも大活躍なパイプラックで快適ハイエース生活を!

ハイエース新車見積もりとオプション値引き!ダークプライムを安く買う方法とは

ハイエースの見積もりと値引き方法、必須オプション等を体験記を交えながら紹介しています。ダークプラム仕様の4WDのディーゼル、一番高いスーパーGLを選びましたが、売ることも考えると最善の選択は売れるハイエース仕様にしておくことです。
LIFE(Gadget/Goods)

QUICKCAMPの2人掛けベンチがキャンプに最高に便利で、ハイエースにもぴったり収納

QUICKCAMPの2人掛けベンチが最高に便利です。簡単に折りたたみできるし、見た目もいいし、作りも頑丈です。ハイエースの天井にイレクターパイプでDIYした天井収納にすっぽりと収まります。ハイエースとの相性も最高。画像を交えながら紹介します。

ハイエースに10.1インチ中華系アンドロイドナビ取り付け。簡単DIYで節約しよう。

ハイエースに10.1インチアンドロイドナビ取り付け。簡単DIYで節約しよう。純正ナビの地図更新の不便さや動画視聴の不便さ。アンドロイドナビなら常に最新情報を得ることができます。ハイエースに大型画面ナビを付けて快適な車生活を楽しみましょう!

ハイエースカーマットのおすすめはユーアイビークル ラバー素材ですぐキレイ!

ハイエースを購入後まず買いたいパーツはカーマットです。ハイエースの場合特にラバーマットがおすすめです。どれだけ汚れても水やジュースをこぼしても即水洗いでキレイにすることが可能です。子どもがいる家庭にもかなり重宝するパーツになります。おすすめです。

ハイエースの洗車方法 実際に手洗いしてみた結果。汚れ安い場所等を紹介。洗車機とどっちがいいのか?

高圧洗浄機ケルヒャーで汚れを落とし、食器洗い洗剤を泡立ててその泡で車体を洗う。再びケルヒャーで流した後、吸水クロスで拭き上げる。最後はシュアラスターのセロウォーターで楽をしてピカピカにします。車体がでかいだけに大変ですが、毎回手洗いしてます。