庭キャンプ?梅雨でも晴れでも役に立つ自宅庭でタープをはってバーベキュー 

三角と四角のタープを地面から撮影 LIFE(Gadget/Goods)

てきとーる とは?

旅とキャンプ・車中泊が大好きなアラフォー雑記ブロガーのてきとーるです。

節約しながら旅に関連することを実体験から得て書き続けています。

スポンサーリンク

オーニグ、サンシェード、タープは万能 BBQ時に最適

三角と四角のタープを二階から撮影
家に貼ってるタープ2種類

こんにちは!てきとーるです。

7月も後半にさしかかりましたが、まったく暑くない日々が続いています。

関東ではかなり気温が低いみたいですねー。てきとーるの地元でも去年に比べると全然暑くないです。

いつも7月ラストが暑さのピークな気がしますが、今年はまだ暑さすら味わっていません。泳ぎに行きたいとも思わない異常な天気です。

さて、今回はタープです!タープといえばキャンプで使用するタープを思い描きますが、家でタープを使って雨よけと日よけに使おうって言う話です。

タープを張ることで、日陰もできるし、雨よけにもなり、不快な季節でも快適に過ごせるようになります。

さらには雨だろうが、日差しがあろうが、タープの下でBBQも楽しめます。家で快適に過ごすためには必須アイテムなタープ!

そんな万能なタープを今回は紹介します。

タープ、サンシェードを設置する理由

四角のタープを2階から撮影2
タープによる日陰

てきとーるの家にはウッドデッキがあります。幅約8m、奥行き約2mです。家から庭に一体感を出し、庭と家との境をなくして楽しみたかったから設置しました。

ウッドデッキ部分に屋根がかかって、快適に過ごせるように屋根の長さも考えました。

下記図のように↓

家の屋根とウッドデッキの位置

しかし!!

普通に考えたらわかりますが、雨は直下で降るわけではないです。そして、日差しも直下で降り注ぐわけではないです。

てきとーる
てきとーる

当たり前だろ!

夏は家の中までは日差しは入ってきませんが、ウッドデッキが日差しにあたって、高温になります。

高温になったウッドデッキの熱が、窓をあけるとダイレクトに入ってきます。正直これは辛い!!かなり暑いです。

快適なウッドデッキが地獄のウッドデッキに・・・

そこで、タープを設置するようになりました。初代タープオーダーで注文して、7年ほど使用しましたが、最近ぼろぼろで捨てました。

価格もオーダーだったので3万程だったと思います。

新しいタープを購入!Aliexpress

三角と四角のタープを地面から撮影
新しいタープ

というわけで、今年は新しいタープを購入しました。

今度はオーダーではなく、既成品サイズで注文することに。少しでも安く購入する為にAliexpressで!!

Aliexpressでの購入については下記参照↓

送料無料でチャイナから送られてきます。価格は安いですが、中国からの配送なのでそれなりに時間がかかります。通常の便だと2週間程度ですかね。

しかし、今回のタープはなんと5日程度で到着!ほんとびっくりしました。

aliexpressでのオーダー情報
6月5日注文
6月8日発送
6月11日到着
aliexpressで注文した物

注文したタープは下記

サイズ幅6m 奥行き3m
価格5977円
素材ポリエステルオックスフォード

初期のオーダー品と比べて、価格は1/4になりました。しかも品質は全然悪くないし、耐久性もよさそう。

新タープレビュー

四角のタープが届いた
中国から到着

例のごとく、いつもの黒い袋に入っています。怪しさ満点ですねー。黒い袋ってだけでなんでこんなにも怪しく見えるのでしょうか。

他の梱包でも中身は見えないのですが、まったく感じ方が変わりますねー。

海外から着いた荷物っていうのも怪しさを倍増させている気がします。

てきとーる
てきとーる

偏見だろ・・・・

さっそく開封してみましょう。

四角のタープを開ける前
注文したタープ

開封してびっくりですねー。めちゃくちゃ状態がよく見えます。いつもあることですが、中身がつぶれていたり、箱が変形していたりは当然なのですが、、、、

今回はタープということもあり、かなりキレイです!本当に中国から届いたのか?と思うくらい。

てきとーる
てきとーる

偏見が過ぎるだろ・・・

四角のタープを設置する前
タープを開封

開封してみました。かなり生地の質感はいいです。しっかりした生地ですし、雨も浸透することもなさそうです。

これで6千円ってかなり安いですねー。ホームセンターの日よけでも2mくらいのサイズで2,3千円はしますし、タープの方が素材もいいし日よけにも雨よけにも最適です。

設置

四角のタープをとめる金具
2階ベランダ側の設置金具

設置は2階ベランダのフェンスに100均で購入したカラビナを適当にかけるだけです。

これで十分です。

タープの固定金具コンクリート側
コンクリート側

コンクリート側にはドリルで穴を開けて、アンカーを打ち込みました。費用は200円程度ですかねー。アンカーは安いし、丸型の金具も安いです。

タープの紐の長さ設定が最初面倒なくらいですかねー。

キャンプのように自在金具でも使えばいいのですが、家庭用で変更することもないので、ちょうどいい長さで設定しておくのが後々楽です。

別で三角形のタープも購入したというより、何故か届いたのですが、三角形のタープは1階の軒下に金具を設置しました。

タープの固定金具家側
1階軒下の金具

これで快適に雨と日差しを遮ることができます。

設置後風景

四角のタープを地面から撮影
設置後の風景

タープ設置によりウッドデッキ部分は雨で濡れることがなくなりました。奥行きが3mあるので台風でもこないかぎりはウッドデッキは濡れないです。

雨の日にタープ下で雨を楽しみながら、ぼーっとするのは結構いいですね

四角のタープを2階から撮影1

正直三角形のタープはあまり効果はないですねー。見た目的におもしろいだけで実用性はほぼないです。

三角形の方は先端をウッドフェンス側に伸ばしているので、物干しとして使えるのは便利です。上の画像で言うと赤い線で示している部分です。

夏場は屋根の軒が長いので日差しがあたりにくい時間は重宝します。

ウッドデッキでの庭BBQは最高

三角と四角のタープの下でバーベキュー
雨の日でもOK

梅雨時期の天気の悪い日でもタープがあれば、BBQを楽しめます。

晴れより雨のほうが涼しいですし、気持ちよく楽しめます。

キャンプ場でのBBQもいいですが、家で気楽にBBQを楽しめるのは最高ですし、子ども達も喜ぶのでいいですねー。

スポンサーリンク

まとめ

四角のタープを1階から撮影
タープの下から

暑い夏と雨の季節がタープによってものすごく快適になります。

家の中でもタープが見えることによって、涼しげに感じますし、窓を開けたときにも暑さが全然違います。

キャンプでも大活躍のタープですが、家にもタープを持ち込むことによってアウトドア気分が高まります。

てきとーるは今後キャンプでも使えて、家でも使えるキャンプ道具を徐々に増やしていく予定です。

アウトドア・キャンプ用品は耐久性が出るように作られていて、丈夫で長持ちします。

家庭に持ち込むことで、高いキャンプ用品を買っても常に使えて便利ですし、気分も高まり楽しいです!

みなさんも是非キャンプ&ホームを楽しんでみてはどうでしょうか。

サンシェードやオーニング、タープを検索できます。↓日本でも安ものも多いですね。

庭キャンプにも最適!おしゃれコンロ使って庭でアウトドアを楽しもう!スノーピークのバーナー!

キャンプに便利で大活躍のその他アイテムは下記記事から↓

コメント