カナル型イヤホンに慣れない 本当に使い勝手がいいと思ってる?カナル型が不向きな理由4つ

Soundcore Liberty Air 2のイヤホン2本 LIFE(Gadget/Goods)
スポンサーリンク
てきとーる
てきとーる

カナル型のワイヤレスに買い替えて辛い日々を送っています・・・

この記事の内容

カナル型イヤホンがなぜ好きになれないのかの理由。

カナル型が向いていない人の解説。

ワイヤレスイヤホンを購入して早5機種目になります。

低価格帯の色んなワイヤレスを試しましたが、どうしても慣れない・・・

カナル型

売られているのはほとんどがカナル型

カナル型とはこれ↓

Soundcore Liberty Air 2の本体横
カナル型Anker

先端にゴムのカバーがついているイヤホン。

耳をカバーで密閉することで、外部の音を遮断して、音質を向上させる。

音質を良くするのは分かるのですが、どうしても耳が慣れない。

実際売られているものを見ると、ほとんどの人が選んでいるのは分かる。

しかし

慣れない人もい結構いるのでは?

筆者てきとーるもとにかく慣れないし、耳が圧迫されて嫌!

今回はカナル型イヤホンになぜ慣れないかと、向いていない人を紹介します。

スポンサーリンク

嫌な理由4つ カナル型イヤホン

①耳が圧迫されて辛い

JPRideのワイヤレスイヤホンの予備アイテム

ゴムカバーの圧迫感が半端ない

ゴムカバーで耳を密閉する為、耳栓をしている状態と同じ。

耳栓状態がとにかく不快。

耳のゴムカバーにはサイズがあります。

4から5種類のサイズが最初から同梱されており、自分に合ったサイズを交換できる。

小さくすると、外れやすくなるし、大きくすると痛い。

ちょうどいいサイズだと思って使用していると、なぜか痛くなってくる。

とにかく不快でだんだんと音楽に集中できなくなる。

②周辺の音が聴こえない、体の音が聴こえる

JPRideのワイヤレスイヤホンの拡大

周囲の音がほぼ聴こえないので危ない

体を動かすとその都度耳内部に音が響く

まず周囲の音がほぼ遮断されます。

家で一人で使うならいいですが、外出時にはほんと周辺の音が聴こえないので危ない。

人が近づいている音、車が近づく音、危ない音もすべて遮断。

体を動かすといちいち耳内部に響く。

  • 首を動かす
  • 走った時に足音
  • 頭をうごかす

動く度に耳内部に変な音が聴こえる。

動く作業をしながら聴くと、ほぼ低音の雑音がこもった状態で音楽を聴くことになる。

③イヤーピース(ゴムカバー)が汚くなる

Soundcore Liberty Air 2のイヤホン2本
イヤーカバー

耳内部に密着するので、耳垢や耳クソが付着する

これは結構嫌です。

一人で使うなら、毎回拭けばいいのですよ、一人でつかうならね。

しかし!

不意に誰かに、「ちょっと聴かせて」なんて言われた日には・・・

かなり躊躇します。

というか貸したくない。

密着度が高いので結構汚れる

④イヤーピース(ゴムカバー)が外れる 最悪紛失

JPRideのワイヤレスイヤホンの本体画像
JPRiDE

イヤーピースが外れやすくなる

新品の時はいいんですよ、新品の時はね。

何度も使っていると当然劣化するし、ゴムもだれるんでしょうねー。

耳から外す時にイヤーピースが取れるんです。

家ならまったくOK、外出時に不意に周囲の音を聴く時に外します。

その時・・・ポロッと

同じサイズは同梱されてないので、買うか違うサイズに変更するしかない

こんな人には不向き カナル型イヤホン 

ワイヤレスイヤホンi7sの装着画像
ワイヤレスイヤホン
  • 動きながら使うことが多い
  • ジョギングやスポーツをする
  • 振動が多い作業をしながら使う
  • 周囲の音は聴きたい
  • 危険予知したい

上記を考えている人はカナル型はやめたほうがいいです。

運動する人にはカナル型はおすすめしません。

とにかく周囲の音が入らないので危ない。

無駄な音が耳内に響く。

おすすめのイヤホンはインナーイヤー型

Lazoのワイヤレスイヤホン2本の本体2
インナーイヤー型

インナーイヤー型が自然と調和した音を聴ける

アップルのiphoneに付属しているイヤホンが一番いいでしょう。

ワイヤレスであれば、Lazoかairpodsのインナーイヤー型。

Lazo G10↓

自然な感じと軽量で付け心地は空気のよう。

操作ボタンが多いのもジョギングや運動時におすすめなポイント。

かつ格安。

Airpods↓

created by Rinker
Apple(アップル)
¥19,570 (2020/07/05 07:32:13時点 Amazon調べ-詳細)

数少ないインナーイヤー型でアップルの製品。

airpods proはインナーイヤー型なのでおすすめしません。

まとめ 安全かつ自然と調和した環境が大事

Soundcore Liberty Air 2のパッケージ内の本体
anker

今もカナル型イヤホンを付けながら記事を書いてますが、慣れません・・・

耳が詰まったような状態で、無理矢理音楽を耳に入れている感じ。

耳がこもった状態で音楽聴いても、いまいち。

鼻詰まりしている状態で音楽聴いているようなもので、集中できません。

自然と調和してこそ音楽の良さがわかります。

インナーイヤー型を選んで外出時には危険を常に意識しておきましょう。

インナーイヤー型でコスパ最強でおすすめワイヤレスイヤホン↓

今までのワイヤレスイヤホンの紹介記事は下記↓

参考記事

保証がしっかりしていて安心バッテリーで有名なAnkerの詳細記事

ジョギングに最適なLazoワイヤレスイヤホンの紹介記事

コスパ最強接続が超絶に早いワイヤレスイヤホンJPRiDEの紹介記事

500円で買えるAirPodsのパクりi7sの紹介記事

総合評価まとめ記事

コメント