マレーシア国際空港 KLIAからKLIA2無料で行く移動方法。ATMから食事まで

KLIAの食事店のメニュー 旅役立ち情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

KLIAってキリア? クアラルンプール国際空港 

KLIAのエリア案内マップ
KLIAの案内図

すらまっとぅんがはり!てきとーるです。

マレー語でこんにちはって意味です。

てきとーる
てきとーる

マレー語なんて使ったことないだろ!!

ケロリ
ケロリ

そのとおり!

マレーシアには行ったことはないのですが、スリランカに行った際にマレーシアの国際空港で10時間近く過ごしたので、空港について語りたいと思います。

マレーシアのクアラルンプール国際空港はものすごーーく大きいし、広い!1日余裕で過ごすことができるくらい店も多いし、見ていて楽しいですねー。

クアラルンプール国際空港はKLIAとKLIA2というのがあり、KLIA2はLCCが多く、人も多いしものすごく賑わってます。

ちなみにKLIAは Kuala Lumpur International Airport の略で、KLIAをキリアと呼びたくなりますが、ケーエルアイエーらしいです・・・

てきとーる
てきとーる

頼む!頼むからキリアと呼ばせてくれ!!ケーエルアイエーなんて呼びにくい!

そうなんです。略すの大好きなてきとーるからしたらけーえる・・・・なんて言いたくない。

キリアにしよう!!それがいい!!

てきとーる
てきとーる

勝手に決めるな!

ま、そんな話はいいとして、今回はKLIAからKLIA2への無料バスでの行き方と、KLIAでのATMから利用から食事場所の紹介をしたいと思います。

それでは早速みていきましょう。

KLIAから無料バスでKLIA2に行く方法

まずは1階を目指す

KLIAのエリア案内
KLIAのフロア案内看板

すぐにKLIA2に行くのであれば、まずは1階を目指しましょう。

到着時は3階に到着するので、2つフロアを降りるだけです。

4番出口を目指す

KLIAからKLIA2のバス乗り場の場所
4番出口を目指す

1階に降りたら、4番出口を目指します。4番出口から出ればバスはすぐ目の前です。

4番出口付近にもシャトルバスの案内看板があるのでわかりやすいです。

ちなみにものすごーく分かりにくいですが、上記画像の右下に黄色い看板が写ってます。この黄色い看板がシャトルバスの案内看板です。

ちなみにこの黄色い看板はMOP(三井アウトレットパーク)行きの案内看板です。

黄色い看板が目印 MOP(三井アウトレットパーク)

KLIAからKLIA2のバスの案内
MOP行きの看板

時間がたっぷりあるのであれば、MOPに行っても良いかもしれないですね。MOPからまたKLIAやKLIA2にも行くことができます。

MOP(三井アウトレットパーク)行バスには注意

KLIAのフリーシャトルバス乗り場
無料バス乗り場

4番出口から道路を一つ挟んだ場所に、バス乗り場があります。人がバスを待っているのですぐ分かるでしょう。

また、職員らしき人とデスクがあるので、聞くこともできるので安心です。

待っている人は三井アウトレットパークに行く人が多いので、同じバスに乗らないようにしましょう。

デスクや人に聞く方がベストですね。

あとはバスが到着すればKLIA2です!KLIA2は店も充実しているので、KLIAよりKLIA2に行くほうがおすすめです。

タピオカ天国のKLIA2の記事は下記↓

KLIAでの過ごし方 ATMと食事

KLIAのロビー
KLIAの1階

まずはお金が無いと何も食べれません。クレジットカードが使える場所もあると思いますが、フードコート系はやはり現金が必要です。

滞在時間が少なく何も買わないのであればいりませんが、何か食べるなら現金をおろしましょう。

というわけで、まずはATMを目指します。

KLIAのATM

KLIAのATMの場所
KLIAの1階にATMがある

上記画像の左側奥にATMがあります。目印はGloria Jean’s Coffeesです。

隣に携帯ショップらしきものがあり、その隣がATMです。

KLIAのATM
KLIAのATM

いくつかATMがありますが、てきとーるは赤色のAmBankを使いました。現地人がみんなこの赤色のATMを利用してので、並んで使いました。

使い方についてはどの国のATMもだいたい一緒です。下記記事内のATMの引き出し方を参照してください↓

マレーシアリンギット100
100リンギット

マレーシアでは100リンギットから引き出すことができます。ある程度まとまった金額ですねー。

100リンギット1枚しか出てこないので寂しく感じます。

100リンギットは2600円程度です。1枚しかないから大したことなさそうに見えますが、最低引き出し価格の100リンギットで2600円ですから結構大きな額です。

さあ!これで怖いもの無しです!やはり現金は最強の仲間です!

てきとーる
てきとーる

えらい気が強くなってるな!

そうなんです。バンコクの空港では滞在時間が短く、現金がなかった為何も買うことができず辛い思いをしました・・・。

KLIAのフードコートで食事

KLIAのフードガーデン
KLIAの2階

KLIAにはローカル色溢れるフードコートがあります。KLIA2はお店が多く充実していますが、どちらかと言うとチェーン店系が多いです。

他の国から出店している店が多いので、ローカルフードを食べるならKLIAがおすすめです。

KLIAのフードコート
自分で選べるローカルフード

色々なお店があり、数ある料理の中から自分が食べたいものを選ぶ形式の店が多いです。

見た目で食べたいものを判断できるので、楽しいです。

KLIAの食事店のメニュー表
選んだお店

選んだお店はここ。メニューが上にありますが、正直どれがどれなのか分からないし、価格見て決める余裕もないです。

見た目で選んでいきましょう。

KLIAの食事店のメニュー
おいしそうな食材が多数

どれもおいしそうで全部選びたかったくらいです。

KLIAの食事店のメニュー2
多くて迷う

自分の選びたいものを店員さんに指差しで伝えながら、取っていってもらいます。

最後に端っこでお会計!楽しいし、簡単です。

選んだ食事の価格

KLIAの食事店で注文したメニューの価格
レシート

合計で11.8リンギットでした。

JPYとMYRのレート
レート計算

日本円で約310円でした。まあまあ安いのではないでしょうか。日本ならもっと高いです。

またKLIA2だと値段はもっと高いです。KLIAの方がローカル向けなので、安くてうまい店を選びたいならおすすめです。

注文した食事の味

KLIAの食事店で注文したメニュー
注文した食事

少なそうに見えますが、結構量は多いです。

味ですが、手前の肉がかなり辛いです!ピラフのようなご飯と一緒に食べると緩和されますが、結構辛さが強いですねー。

さすがローカルフード。かなり辛いです。

上のコロッケのようなものは辛くなくおいしかったです。

空港でこのようなローカルフードが食べれるのはありがたいですねー。チェーン店もいいですが、やはり現地っぽい食事もしたいものです。

まとめ ローカルな雰囲気がいいならKLIAがおすすめ

今回はマレーシア国際空港のKLIAについて紹介しました。KLIA2はKLIAとはまったく雰囲気が違っていって、かなり多くの店があります。

時間があるなら、KLIAで食事してからKLIA2でゆっくりと過ごすほうが良いかと思います。

KLIA2は新しいのでかなりキレイです。

マレーシア国際空港は大きな空港で、経由地として利用する人も多いかと思います。

大きな空港で見る場所も多いので時間がたくさんあっても全然苦になりません。もっと時間があってもいいのにと思うこともあります。

チェックイン等に時間が取られてはもったいないので、WEBチェックイン等を済ませておいて、楽しく空港で過ごしましょう。

WEBチェックイン等のやり方については下記記事参照↓

スリランカ旅の全工程と記事のまとめは下記で紹介↓

コメント