台湾での外貨両替方法 ATMや外貨両替所以外なら銀行で 手数料やレートも紹介

台湾銀行両替アイキャッチ画像 台湾

てきとーる とは?

旅とキャンプ・車中泊が大好きなアラフォー雑記ブロガーのてきとーるです。

節約しながら旅に関連することを実体験から得て書き続けています。

海外にいったらまずやるべきこと、それは両替でしょう。

最近は何でもカードや電子決済ができる〇〇マネーとかありますが、まだまだ普及してない場所も多いです。

中国だとかなりの割合で電子マネーが使えそうですが、台湾では屋台まではさすがに使えません。

ローカルな店でも電子決済はできませんねー。

両替にはいろいろと選択肢があります。

  • 日本の銀行で両替する
  • 日本の空港で両替する。
  • 現地空港で両替する
  • 現地ATMでキャッシングする
  • 現地銀行で両替する

ちなみに一番お得なのはATMでのキャッシングです。

キャッシングのやり方については下記記事とどうぞ!

やり方共通。海外ならどこでもキャッシュカードがあれば格安手数料で現地通貨が使える。紹介記事は下記↓

ATMで現地通貨のキャッシングのやり方

今回は思い出作りの為に、わざわざ台湾にある現地の銀行、台湾銀行で両替を行ってみました。

早速台湾銀行での両替をみていきましょう。

スポンサーリンク

台湾銀行での両替 手数料やレート やり方の紹介

台湾銀行外観ズーム

外貨両替、ケチな私にはいつも気がかりな問題です。

そう、為替レートがどうなのかということ。

日本の空港で外貨両替すると間違いなく高いです。

両替はやはり現地でするのが一番ベストです。

今回はいつもの空港ではなく、現地の台湾銀行で両替をしてみました。

空港よりも現地の銀行が安いことがわかり、結論から言うと、現地の空港で両替するのがベストだと思います。

慣れた人なら現地のATMからキャッシングで引き出したり、現地の銀行で行うのがベストですが、慣れてないと困ることもあるかもしれません。

その点、空港での両替は非常に楽です。日本円とパスポートさえ出せば勝手に両替してくれます。

台湾銀行為替レート
2019年1月のレート

台湾銀行に行く前にレートの確認をして行った方がいいと思います。台湾では一番レートがいいようです。

台湾銀行ロゴ

台湾銀行のレートページ

台湾銀行に行ってみた

台湾銀行自動受付機の画像
自動受付 右上が外貨両替です。待ってる人は3人

まずは受付があります。日本でもよく見かける自動受付があるので、ボタンを押しましょう。ここで重要なこと、ポイントがあります。

同じ受付内容を2、3回押しましょう。迷惑ですが。

結構呼ばれたことが分からないくらい、普通に順番を飛ばされます。

今回私も普通に順番を飛ばされました。その後は呼ばれることもないので、再度受付を行いました。

なので2、3回受付を押して受付票をもらっておきましょう。

ちなみに受付時に何枚か受付票を取る技は、台湾人がやってました。

さすがですねー、ちゃっかりしてます。

受付後は外貨両替のカウンターへ

台湾銀行受付待ち

外貨両替の受付は中国語はわかりませんが、外貨?のような表記があるのでそこに向かいます。

英語ではForeign Exchange とありますのでわかるかと思います。

台湾銀行 両替受付の各種用紙

近くのカウンターに外貨両替の用紙があるので、用紙を探して記入します。

分からなければ場所は銀行員が教えてくれます。受付場所に職員がいることもあるので、案内してくれます。

台湾銀行、両替受付用紙の記入方法

記入方法は下記を参照。

正直どちらをとったらいいのか分からないので、日本円をチラつかせてエクスチェンジ台湾ドルとか言えば、分かってくれて用紙を教えてくれると思います。

何事もそうですが、聞くのが一番です。台湾人は優しいので丁寧に教えてくれます。

台湾銀行、両替受付のお姉さん

記載後、番号がディスプレイに表示されるまで待ちます。表示されたら受付に用紙とお金を持って行きましょう。

台湾銀行これから両替を行なう前の資料と順番待ち番号

無事に終わると出納7148と書かれます。その後両替場所へ移動します。受付では両替はしてくれません。

いざ両替へ

台湾銀行、出納、ここで両側を行なう

Cashierと書かれている場所で順番を待ちます。ここでえらい待ちました。

台湾では飲食店が多いのでそのオーナーが両替を行うことが多いような感じでした。小銭を大量に持ち込んで両替をしているようでした。

台湾銀行、両替をまっているところ

番号が表示されたら、先ほどの受付用紙とお金を渡します。

結果は?

台湾銀行為替両替、日本円から台湾ドル

今回のレートはどうだったでしょうか。

2万円両替して、5526台湾ドルとなりました。レートは3.619でした。

ちなみに関空でのレートが同じ日に4.04でした。かなり違うことがわかります。2万円を両替すると4950台湾ドルにしかなりません。

500台湾ドルも差が出るので1日分の食事くらいにはなるのではないでしょうか。もちろん屋台で全て済ませる前提ですが。

スポンサーリンク

まとめ

台湾銀行外観

空港の方が楽ですが、台湾の現地を楽しむと言う意味では現地の銀行へ行って見るのも面白いと思います。

台湾の銀行で両替なんてすることはなかなかないでしょう。旅の思い出作りとしていい経験になると思います。

ちなみに私は一人ではなく台湾の相方と一緒に行きました。次からは一人でいけると思います。そんな難しい内容ではなさそうです。

節約して台湾の旅を楽しみましょう。

コメント