12年前のiMacをサブディスプレイ化 2009lateモデルは格安で最強な27インチ M1チップと相性良し

iMacサブディスプレイ化のアイキャッチ画像 LIFE(Gadget/Goods)
スポンサーリンク
てきとーる
てきとーる

12年モノのiMacがまったく衰え知らずで、ネットくらいなら大画面で快適に使えます。

最近買ったM1チップのMacBook Airを簡単接続できるので、サブディスプレイとして大活用できます。

この記事の内容
  • 10年経過しても快適なiMacの活用方法
  • MacBook Airをターゲットディスプレイモードで簡単接続
  • M1チップのサブディスプレイ化でめちゃくちゃ快適
  • まとめ

12年経過しているいつ止まってもおかしくないiMacを保有しています。

さすがにいきなり起動しなくなるのも怖いので、MacBook Airを購入。

ちょうどM1チップ搭載のMacBook Airが出たので買うしかないと思い購入

M1チップMacBook Airはめちゃくちゃ快適すぎです。

バッテリーは持つし、使い勝手最高。

MacBook Airの購入後のレビュー記事↓

MacBook Airは快適ですが、家だとやはり大きなディスプレイが快適。

iMacを寝かせておくのももったいなかったので、サブディスプレイ化することに。

てきとーる
てきとーる

サブディスプレイ化すると高速処理が可能な大画面iMacに変身。

めちゃくちゃ使えます。

それでは早速サブディスプレイ化するiMacを見ていきましょう。

スポンサーリンク

iMacをサブディスプレイ化 M1チップの快適性を大画面利用

所有のimacの横からの画像
iMac

12年経過しても快適なiMac2009lateモデル

所有のimacの前からの画像
故障なし

12年間一度も故障無しで、今まできてます。

CPUはcore2duoという化石モデル。

途中でHDD交換やSSDに換装してます。

iMacの歴史↓

  • 2009年に購入
  • 2013年HDD不具合が発覚したようで、アップルによるHDD無償交換プログラムに申し込み、無償で交換
  • 2020年HDDからSSDに換装

とまあ、12年もずっと同じHDDではなく、現在はSSD。

SSDにDIY交換したときの記事↓

SSDにしてからかなり早くなったiMac、快適すぎたのですが、いつ壊れてもおかしくないので、さすがにMacBook Airを購入。

iMac2009lateモデル最大の特徴はターゲットディスプレイモード

ダーゲットディスプレイモードとは

超簡単に言うと、ケーブル1本でiMacをサブディスプレイ化できる。

てきとーる
てきとーる

別に何も珍しくないじゃないか、と言われそうですが・・・

ただのディスプレイをサブディスプレイにするのではなく、iMacをサブディスプレイとして使えるところがポイントです。

すべてが対応しているわけではなく、一部の機種のみ↓

  • iMac(27インチ、Late 2009)
  • iMac(27インチ、Mid 2010)
  • iMac(Mid 2011〜Mid 2014)

さらに、OSはHigh Sierra以前が条件。

ちなみにてきとーるのiMacはHigh Sierraまでしかサポート対応していないので、ずっとHigh Sierraのまま。

接続はめちゃくちゃ簡単↓

iMac側のミニディスプレイポートとMacBook Air側のUSBタイプCを接続するのみ

ミニディスプレイポートというのがミソですね。

接続するケーブル購入

iMacサブディスプレイ化のケーブル4
ケーブル

ミニディスプレイポートとUSBタイプCがついたケーブル。

結構珍しいのでそのへんの家電量販店では手に入らないかも。

ネットの購入が楽で良いです。↓

iMacサブディスプレイ化のケーブル2
ミニディスプレイポート

てきとーるは初めてミニディスプレイポートなるケーブルを見ました。

今まで見たことも、使ったこともないケーブル。

ちゃんとiMacの背面に挿入口があります。

iMacサブディスプレイ化のケーブル3
USBーC

反対側は定番のUSBタイプCケーブルです。

接続 iMacとMacBook Air

iMacサブディスプレイ化のケーブル1
背面

iMacの背面にミニディスプレイポートがあるので、なかなかキツイですが、ねじ込んでいきます。

向きがあるので、確認しながら挿入。

iMacサブディスプレイ化の全体1
挿入

MacBook Air側のUSBタイプC挿入口に差します。

瞬間的にすぐにサブディスプレイ化が成功。

てきとーる
てきとーる

特になんの設定もいりません

ディスプレイの設定

iMacサブディスプレイ化の設定1
ディスプレイ設定

サブディスプレイによくある設定が、設定のディスプレイから行えます。

てきとーるはMacBook Airの上にiMacの画面がある配置なので、上に拡張できる設定にしてます。

iMacサブディスプレイ化の設定2
サブディスプレイ化

撮影モードを間違えてボケてますが・・・

上の画像は画面拡張モード。

MacBook Airの画面+iMacの画面も使える、超広々設定。

iMacサブディスプレイ化の設定3
ミラーリング

ミラーリングモードにチェックを入れると、同じ画面で投影されます。

ただ、iMac側の設定になるのか、MacBook Air側ではかなり文字が小さくなります。

基本拡張モードが良さそうです。

拡張モードだと、MacBook Airの輝度を真っ暗にしても、iMac側は変化ありません。

バッテリーの節約にもなります。

クラムシェルモードは使えない

iMacサブディスプレイ化の全体2
画面

クラムシェルモードとは

MacBook Airの画面を閉じてもサブディスプレイでは普通に操作ができる

貝を閉じたという意味でクラムシェルモード。

残念ながらクラムシェルモードには対応していないので、MacBook Airのキーボードとタッチパッドか、MacBook Airに接続したマウスが必要。

iMac側のマウスは使えません。

不満点

画面スリープから解除されると、毎回iMac側のディスプレイ輝度がマックス状態になる

毎回調整のためにiMacのキーボードで輝度調整するのは結構面倒。

iMacと接続する場合には集中して作業して、終わらせるのがポイント。

自動スリープを長く取れば問題ないのですが。。。毎回変更するのも面倒。

不満点が気にならないくらいに快適

iMacサブディスプレイ化の全体3
サブディスプレイ

MacBook Airの快適性を大画面iMacで使えるのはめちゃくちゃ快適

やはり家でブログ等書くときには写真の準備など、大画面が便利。

準備後の文章書くだけならMacBook Airで十分。

大画面iMacの処理能力がM1チップのMacBook Airになるのが本当に快適。

スポンサーリンク

まとめ iMac2009lateモデルは1万円前後で購入可能

ヤフオク

iMacの2009lateモデルの相場は1万円前後。

モノによってはcorei5やi7モデルもあるので、ssdに交換さえしてしまえば、かなり快適に使えると思います。

交換しなくても、サブディスプレイに割り切るならかなりお安い。

iMacの大画面でM1チップ性能を使いたいならおすすめです。

超快適なM1MacBook Air↓

コメント