広島県 しっとりとした洋酒ケーキが最高にうまい!お土産はもみじ饅頭より最高!

洋酒ケーキパッケージ 日本
スポンサーリンク
スポンサーリンク

くにひろ屋 洋酒ケーキ

洋酒ケーキホームページ画像
くにひろ屋ホームページ画像

広島県の有名なお土産と言えば、もみじ饅頭は間違いないでしょう。確かにもみじ饅頭は有名だし、生もみじは最高です。

毎回もみじ饅頭だとお土産も飽きてきます。そこでてきとーるがお勧めしたい広島県の銘菓として今回はくにひろ屋の洋酒ケーキを紹介したいと思います。

この洋酒ケーキ、お土産というより普通に日常的に食べたくなる一品です。てきとーる的には最高にうまい!

こんなお菓子があっていいのか?というくらいにうまいです。

洋酒ケーキとはなんぞや!と言う方の為に紹介していきたいと思います。

洋酒ケーキとは

洋酒ケーキリキュールたっぷり
洋酒ケーキを開封したところ

ただのカステラじゃねーか!!と思った方、違います!これはただのカステラではないです。

よく見ると包装袋内側に水滴がすいてます。さらによくみるとカステラ部分が湿っているように思えませんか?

そうなんです!これが洋酒ケーキの名前の由来。本当に洋酒に漬けてあるカステラなんです。

洋酒とはブランデーとラム酒をミックスしたものです。実際に本物の酒で、少量のアルコールが含まれています。

パッケージ

洋酒ケーキパッケージ
洋酒ケーキのパッケージ

このレトロ感溢れるパッケージがいい雰囲気を出しています。高級洋菓子ですよ!今どきこんなアピールの仕方のお菓子はないでしょう。

おそらく昔ながらのパッケージでずっと今まできているのでしょう。

洋酒ケーキの部分のフォントがまた渋いですねー。

カロリー

洋酒ケーキパッケージ裏
裏面パッケージ

カロリー184kcalです。結構高いですねー。それなりに甘さもあるし、高めなのでしょう。

開封動画紹介

View this post on Instagram

洋酒ケーキ開封

A post shared by てきとーる (@tekito_ru_com) on

実食 味わい

洋酒ケーキ半分にカットしたところ
洋酒ケーキを半分に分けたところ

まずは見た目からですが、カステラのように上部分が黒くなっています。

洋酒に漬けてあるのは全体ではなく、カステラの黒い部分とは逆の部分です。黒くない側にしっかりと洋酒がかかっています。

開封する時は結構慎重に行う必要があります。洋酒で浸かっている部分はかなりやわらかくなっていて、取り出そうと掴んでしまうと崩れます。

かなりしっとりとしています。

洋酒ケーキ食べる前
洋酒ケーキを一口食べたところ

分かりにくいですが、実際にはかなりしっとりとしています。

分かり難いので動画を撮ってみました。下記参照↓

動画で結構分かってもらえるかと思いますが、かなりしっとりとしているというより、濡れ過ぎな勢いですね。

これが大人な味わいを一層引き立ててくれます。酒の味がほどよく染み込んでいて、カステラを食べてモサモサするような食感ではないです。

カステラに牛乳を漬けて食べるのと同じくらいなイメージですね。牛乳に漬けるとカステラはかなりおいしくなります。

漬けるのがブランデーとラム酒ともなれば味わいはもう最高でしょう。大人のお菓子です。

実はこの洋酒ケーキ、パッケージ裏にも記載がありますが、冷蔵庫で冷やすと最高にうまいです!

洋酒の部分がひんやりと冷たくなって、味わいがさらに増します。食べるなら絶対に冷やして食べてほうがうまいです!!

スポンサーリンク

総評

洋酒ケーキ中身
洋酒ケーキ中身

今回紹介した洋酒ケーキ、てきとーるの住んでる地域ではスーパーで普通に買えたりします。

遠方だとネットの通販になります。くにひろ屋のホームページ上から申し込みができます。ホームページは下記↓

くにひろ屋ホームページ

これから暑い季節になりますが、洋酒ケーキは暑い夏でも冷やして食べることができるので、これまた最高です。

甘い洋酒ケーキを食べながらブラックのアイスコーヒーなんて最高の組み合わせではないでしょうか。

てきとーるはブラックコーヒと洋酒ケーキを食べるのが大好きです。

みなさんも是非上下町の洋酒ケーキを食べてみてください。本当においしいですよ!

洋酒繋がり!九州に洋酒を使った大人プリンがあった↓

コメント