広島県 人気のプール 幼児から大人もウォータースライダーに夢中

因島アメニティープールのウォータースライダー 日本
スポンサーリンク
スポンサーリンク

因島アメニティープールは海もプールも同時に楽しめる

因島アメニティープールのいい景色
幼児プール

こんちにはてきとーるです。

2019年の夏は夏らしくない暑さが控えめな夏でした。プールもあまり儲からない状況だったのかと思います。

さて、今回は広島県にあるプールの中でもかなりおすすめのプールを紹介したいと思います。

紹介するプールは

因島アメニティープール 広島県尾道市因島にあるプールです。

プールっていろんな人に向けてのプールがあるかと思いますが、因島アメニティープールは幅広い家族連れにお勧めです。

大人のカップルにはちょっと向いてないかもしれないですね。

しかし!

プールはそれほど大人向けではないのですが、実はプールだけではなく海も楽しめるんです!!

プールに入場後も海への行き来ができる1度で2度おいしいプール

かなり優等生なプールですが、価格や楽しめる度合いはどうなのかを詳しくみていきたいと思います。

しまなみビーチ目前 因島アメニティープールの詳細

場所

因島のマップ

広島県尾道市因島にあります。

因島大橋を渡ってすぐの場所にあって、因島大橋をプールから見ることができます。

目の前にはしまなみビーチがあり、プールも入りながら海も楽しむことができます。

海(しまなみビーチ)もプールも楽しめる

因島アメニティープールと海のデッキ
プール目の前が海

目の前がしまなみビーチです。

プールに入って、海にも行ける。海に行った後はまたプールにいけます。

両方楽しめるって最高だと思います!海でべとついた体をプールでさっぱりできるし、プールのシャワーを浴びればきれいさっぱり帰ることもできます。

海に行くとやはり気になるのはべたつきですよねー。

べたつかずに海を楽しめるなんてもう最高!!

入場料金 営業時間 駐車場等

因島アメニティープールの価格

営業時間・期間

営業期間毎年7月初旬~8月末
営業時間10時~17時

料金

大人500円
中高生400円
小学生300円
小学生未満無料

駐車場

駐車場無料130台

15時以降の入場は100円程度安くなりますが、15時以降の2時間だけを利用する人は少ないのではないでしょうか。

入れ替え制もないので、朝から夕方までたっぷりと楽しむことができます。

幼児用 プール紹介 滑り台もある!

因島アメニティープールの子供のプール

幼児用プールです。

水深は大人の膝以下です。ものすごく浅いので、小さい子供でも安心して遊ばせることができます。

またただ泳ぐだけではなく、遊具も多いので、子どもも飽きずに楽しめるのではないでしょうか。

てきとーる
てきとーる

子どもは遊具なんて無くても、いろんな遊びを考えだす天才ですよねー。

裏てきとーる
裏てきとーる

お前と違って純粋だからねー、発想力も自由なんだよ!

因島アメニティープールの子供用のウォータースライダー
幼児用スライダー

幼児用のスライダーもあります。

これが子どもたちには大人気ですねー。かなり緩やかなので、スピードがでることもなく安全です。

子どもたちも自分たちの力で緩やかに進んでいくので、恐怖心もまったくなく楽しそうに遊んでいます。

ウォータースライダーデビューを果たしたい子どもには、もってこいではないでしょうか。

因島アメニティープールの子供用のスライダー
幼児用ウォータースライダースタート地点

非常に緩やかです。子どもにとっては初め恐怖かもしれませんが、一度滑ればすぐに慣れます。

幅も広いし、大人と一緒に滑ることも可能です。

基本的にスタッフが親切で緩い感じなので、ありがたいです。

ウォータースライダー初心者にはハードルが低く、なじみやすいので自信になる!

小さい子どもなら家プールがおすすめ↓

created by Rinker
INTEX(インテックス)
¥4,300 (2020/07/05 19:03:46時点 Amazon調べ-詳細)

大人用 プール紹介 ウォータースライダーがいい!

因島アメニティープールのウォータースライダーの全景
ウォータースライダー

まず!ウォータースライダーが最高におもしろい!

てきとーるも子どもと一緒に大はしゃぎで楽しんでました。結構スピードが出るので爽快感ありまくりです。

そして何より!

回転率がいい!

プールによっては滑る人が完全にプールから出ないと次がスタートさせてくれませんが、ここはある程度滑ったあら次々にスタートさせてくれます。

なので、ほぼ待ち時間無し!

監視員が優秀なので、判断がいい!結果効率よくウォータースライダーが利用できる。

因島アメニティープールのウォータースライダーの初め
ウォータースライダーの頂点

ウォータースライダーを上がる過程で、しまなみの美しい景色を楽しめます。

てきとーる
てきとーる

子どもたちは景色よりもスライダーに夢中で階段をいかに早く上がるかが重要なようでしたねー

裏てきとーる
裏てきとーる

お前も一緒だろ!撮影するときに気付いただけだろ

滑る場所は2か所あります。

因島アメニティープールのウォータースライダー

一番頂点から滑る
ゆったりとしたロングコース

下から滑る
コースは短いが最後のスライダーが急になっている

二つともとてもおもしろいです。ロングコースもスピードを出しながら楽しめますし、短い方は最後の急な部分でヒヤっとした気分を味わえます。

因島アメニティープールのウォータースライダーの終点
ウォータースライダーの終点

勢いよくいくと、頭までどっぷりとプールにつかります。ゆっくり行けば大丈夫ですが、それなりに覚悟して挑みましょう。

大人プール部分は水深1mとなっているので、小さい子供は利用できません。

因島アメニティープールのウォータースライダーの身長制限
子どものチェック

プールオープン時は結構チェックされます。120cmぎりぎりくらいならOKしてもらえますが、110㎝くらいだとちょっと難しいかもしれません。

大人と一緒や、浮き輪も利用できません。

因島アメニティープールの大人用プール
大人用のプール

大人用のプールはそれほど広いわけではないですが、必要にして十分かと思います。

がっつりと泳ぎを楽しむプールではないです。

監視員の目も厳しいので飛び込み等の危険行為は放送で注意されます。

  • プールサイドからの飛び込み
  • 子どもをかかえて、プール内で投げたりする
  • ビーチボールを投げて遊ぶ(浮き輪として使うならOK)
  • 青い円形の台には座らない
  • ウォータースライダーで滑った後にその場からすぐに離れない

てきとーるが行った時は上記のような行為は注意されてました。

休憩場所等

因島アメニティープールの休憩場所
休憩場所

無料の休憩場所はあまり多くないです。

場所は広いですが、屋根があって日陰となる部分は少ないです。上記写真の部分と、もう一か所あるくらいです。

有料で仮設テントをブロックごとに借りることもできます。ベンチとテーブルもありました。

朝一番に着いて、場所取りをしてからプールを楽しむことをおすすめします。

炎天下では大人が待つ時間がつらいです。日陰を確保しましょう。

売店

因島アメニティープールの食事メニュー
売店のメニュー

営業時間

営業時間10時~16時

土日には福山ニューキャッスルホテル洋食料理長が監修したメニューがあります。

土日限定メニュー

ステーキどんぶり800円
オリエンタルピラフ600円

福山ニューキャッスルホテルが監修なので間違いないでしょう!てきとーるは気付かずに持ち込みをしたので、食べませんでした。

てきとーる
てきとーる

まさか普通のプールでホテル監修メニューがあるなんてねー・・・

因島アメニティープールの食事メニューと価格
メニュー表

メニューについては上記通り。

プール内は持ち込みOKです。お菓子もお弁当も大丈夫です。ゴミは持ち帰りましょう。
(お酒とタバコは禁止ですので注意!!)

まとめ 子どもから大人まで楽しめる因島プール

因島アメニティープールの外側
スライダーからの眺め

因島アメニティープールいかがだったでしょうか。

しまなみの因島にあり、景色もよく素晴らしい場所にあり、海も一緒に楽しむことができる最高のプールです。

プールの帰りにはしまなみの島々でおいしいものを食べるもよし、どこかでキャンプをして翌日しまなみを巡るもよし。

いろんな楽しみ方ができる最高の場所だと思います。

子ども達も終日プールや海を満喫できます。飽きることもなく何度も。

みなさんもぜひ因島アメニティープールを楽しんでみてください。

忙しいなら庭でプールして子どもと楽しもう↓

コメント