LCC持ち込み荷物 重量制限対策 海外旅行の荷物の中身! アジア編(スリランカ、台湾)

スリランカ旅行用の小物1 旅役立ち情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

LCCの荷物は7kgまでが多い 海外おすすめ旅行方法

wego使い方のトップ画像関空ピーチ
PEACH航空のチェックイン

安くて最高!LCC大好きなてきとーるです。

大好きと言っても価格が好きなだけで、他は普通の飛行機がいいです・・・。LCCは安い以外特にいいことは無いですね。ほとんど有料だし、制限ありまくりです。

今回の記事はそんなLCCに持ち込む時の荷物編です。どんなものを入れて、どれくらいの重さなのかを公開したいと思います。

LCCはここ最近荷物の制限が厳しくなってきている印象です。機内持ち込みも7kgに制限している航空会社が多いです。

太っ腹で有名なライオンエアも2019年から受託荷物(飛行機に預ける大きな荷物)が無料だったのが有料になってます。

PEACHも少し前までは機内持ち込み荷物が10kgまでだったのが、7kgに制限されました。

7kgって結構厳しいです。行きはいいですが、帰りはお土産とか入れるとすぐにオーバーします。

あ、受託荷物を毎回行う人にはあまり意味の無い記事かもしれないです。てきとーるはLCCの場合(アジア方面)は必ず機内持ち込み荷物だけで済ませます。

そうしないと勿体無いです。せっかくLCCを使うので、とことん安く行きます。

さて、早速中身を見ていきましょう。

今回はアジア編で、実際にスリランカに行く場合の荷物です。台湾に行く時も同じようなものなので、台湾や他のアジアの場合も参考になるかと思います。

衣類編 スリランカ行 6泊7日

スリランカ旅行用の服
スリランカに持っていく服

スリランカへは6泊7日を予定してます。衣類は写真に写っているのみ。長袖シャツを持っていこうかどうか悩んでるだけです。増えても長袖シャツですね。

長袖シャツはカバンには入れないので、重量には影響しません。

内容数量使用用途
カットソー(半袖)
薄い黄色は寝る為用
4日中と寝る時用に使用
数回宿で洗濯予定
ショートパンツ
真ん中の紺色
1メインで使用予定
水着
左の真ん中
1水着兼日中or寝る時に使用
水着のようで普通に使えるデザイン
タイパンツロング
下 2枚
2寺院など参拝用
スリランカでは出番は多めかも。
サコッシュ
右の真ん中
1タイパンツにポケットが無いので
お金やスマホを入れる予定
下着類入れ
右下(4日分)
1数回洗濯予定
3日分でも十分そう
リュック
右上
1旅行以外でも使っている
普通のリュック

今回パンツが多めでカットソーが少なめです。カットソーやシャツは現地調達する予定です。

またパンツは伝統衣装のサロンを購入したいと考えています。サロンは腰に巻いて履く布のようなもので、スカートみたいになります。

スリランカの男性は家などのリラックス時の服装としてよく着るみたいです。長さの調整で短くも長くもできるので、おもしろいし、日本でも使おうと思ってます。

持ち込みの服装の中ではいくつかは捨てて帰る予定です。ゴミをスリランカに置いて行くことになりますが・・・。

衣類編 捨てる予定の服 スリランカ

スリランカ旅行用の捨てる予定の服
捨てる予定の服
内容理由
タイパンツ2枚色あせが多い
10年くらいになる
年に1度くらいしか使用しない
左上
黄色カットソー
海外旅行の寝る時用
海外でもあまり使用しない
真ん中
白カットソー
気に入っていたが
かなりよれてきている
右上
ボーダーカットソー
大学時代に愛用していた服
もう15年以上前のもの

上記荷物を捨てて、スリランカで新しいものを購入予定。スリランカらしいものを購入したい。

てきとーるは影響されやすいタイプなので、現地の服を買うのが大好き。そのまま日本で使用したい。デザイン選びは重要ですねー。

調子に乗って、ド派手なデザインを選ばないようにしないといけません。

小物編 スリランカ行 6泊7日

スリランカ旅行用の小物1
小物リスト1

小物と書いてますが、重要なものばかりです。大半は無ければ旅が成り立ちません。衣類より小物の方が大事ですね。

番号内容使用用途
1GoPro用
手持ち棒
GoProの自撮り
風景を取る場合に使用
2GoPro HERO7 white
一番安いやつ
広角写真を撮りたい場合
スマホでは撮影出来ない写真用
3銀シート万が一野宿も出来る用に
エアコンが効きすぎてる場合用
4パスポート必需品
期限が半年以上あるか要確認
5コインケースコインだけでなく紙幣も入れる
台湾では金とカードを全部入れてた
6スマホとGoPro充電器
USB TYPE3
急速充電器
スマホは30分で満充電可能
7時計
手巻き式
スマホ以外にも時計は必須
見た目的要素もある
8モバイルバッテリー
Anker
重たいが万が一に備えて
電池がないと撮影もできなくなる
9除菌できるシート
2つ
お手拭きなんて絶対ない
食後や食前に使用
10小物入れメッシュタイプ
無印良品
小物類全てを入れるもの
メッシュタイプで便利
11航空券
印刷したもの
心配性なので紙で印刷
帰国便を見せる場合すぐ対応可能
12ドラッグ&その他小物鎮痛剤 2回分
鼻炎用 2回分
歯ケア用品(歯ブラシ、歯間ケア)
虫除け ワンプシュで長時間持続
ペン
スリランカ旅行用の小物2
小物リスト2
内容使用用途
クレジットカード
3枚
現金引き出し
楽天カードは海外保険対応
スマホ iphone5 画面割れ
トラブル時撮影用
メインのOPPOR17PROに
何かあった場合用 サブ機
イヤホン機内で使用
ライオンエアは機内エンターテイメント
が使用可能とか イヤホンが必要
変換コンセント
Cタイプ
充電するのに使う
Cタイプ以外は宿で借りる予定
耳栓うるさいことを想定して
寝る時用

上記が持っていく小物リストになります。

必須項目については赤文字としています。要は、必ず必要なのは下記。

  • パスポート
  • スマホと充電器
  • クレジットカード
  • 虫除け

これさえあればどこの国に行くのもなんとかなります。虫除けはスリランカでは必須だと思って今回入れてます。

他は現地調達可能でもあり、無くても不便なだけで困ることはないです。

バックパックのサイズ スリランカ行 6泊7日

スリランカ旅行用のリュック
愛用しているリュック

バックパックというよりリュックといった方がしっくりくるくらい、普通のリュックです。

旅や登山用ではなく、ファッションよりなリュックです。グローバルワーク(GLOBAL WORK)で購入したものです。

大きさは幅が30〜40cm、高さが50cmとなってます。

サイズまで計測する航空会社は無いと思いますが、リュックであれば変形するのでまず適合しないことはないでしょう。

スリランカ旅行用のカバンの入れ口サイズ
開口部 20cm 広げると30cm

入れるところは20cm〜30cmくらいです。先に紹介した衣類や小物を入れると半分くらまで埋まります。

お土産を入れるには十分だと思います。機内への持ち込みは2つまでだと思うので、リュックとお土産用の袋をそのまま持ち込みでもいけますね。

機内持ち込み物 重量編 スリランカ行 6泊7日

本人のみの体重
てきとーるの体重

機内持ち込み品の荷物を計測してみました。体重を測って、その後にリュックを背負います。

リュックを背負った時の体重
リュックを背負った後の体重

リュックの総重量は3.5kgでした。スマホやカメラは含んでません。

重量オーバー場合の対策

できるだけ衣類のポケットに入れましょう。重いカメラやスマホはポケットで対応できます。カメラだと首からかけておけばOKです。

おそらくですが、ウェブチェックインする場合だと荷物の重さを計測されることはないでしょう。

台湾(高雄)だと帰りの便はチェックイン時にスタッフでの対応となるので、荷物の計測をされます。7kgはお土産を入れるとあっという間です。少しのオーバーなら服を着込むなりして減らすことができるので、がんばればなんとかなります。

まとめ  海外おすすめ旅行方法  LCC荷物

スリランカ旅行の靴
スリランカでは楽なドライビングシューズ予定

今回はアジアへ訪れる場合の荷物について紹介しました。スリランカはサンダルで行こうか迷ったのですが、一応靴でいきます。楽なドライビングシューズで行きます。

ビーチサンダルが必要なので、ビーチサンダルは現地で調達する予定です。

アジアだと暑い地域が多いので、衣服が軽くて住むので楽です。汗もかくし、気合いれた服装よりラフが一番ですね。

欧米からの旅行者はものすごくラフです。でもなぜかかっこいい。。。。スタイルですかねー。

とにかくいかに楽して旅できるかがポイントなので、荷物は無くなってもいいもの、捨てても良いものを今回は選びました。特にスリランカの場合です。

台湾であれば、おしゃれして旅したいと思っていたので、毎回こだわってました。

皆さんもLCCで快適な旅を!!

スリランカ旅の全工程と記事のまとめは下記で紹介↓

コメント